上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今回はVitoの事ではなく京都の話題を。

14日~16日まで旦那と京都に行ってきた。
私は今月上旬にも行っているのだが、京都初体験の旦那の為に
再び。 

私は京都に友達がいる。大学時代からの友人でかなり長年の付き合いだ。 彼女は去年結婚をして今幸せな新婚&妊婦さん生活を
送っている。
そしてその彼女は元芸妓さんである。
京都にはいくつかの花街があり、彼女はその内のひとつの売れっ妓
だったのだが、結婚が決まりきっぱりと芸妓を辞めたのだ。

京都に行く度に彼女には会っているのだが、今回は私の旦那、
彼女のご主人と4人でという素敵な機会に恵まれた。
そして旦那の為に彼女のお姐さんがやっているというお茶屋バーに
案内して貰える事になった。
お茶屋バー。それは普通に観光していては絶対に足を踏み入れる事は
ないであろう場所である。
まだオープンしたてで、胡蝶蘭で溢れていた。
その中には歌舞伎役者の名前もちらほら。
お姐さんの現役時代からのお客様なのだろう。

京言葉で喋るお姐さんはとても美人で芸妓姿もさぞかし美しかったで
あろうと思う。 こういうお姐さんにつけば頼りになりそうだ。
そこで友人夫妻からサプライズが。旦那の誕生日の為にケーキを
用意していてくれたのだ。 
そして友人のコネで舞妓さんがいるバーを見つけてそちらに移動。
全ては私の旦那の為に。

舞妓さんと写真を撮った後、再び皆で飲む。
友人と私はソフトドリンクを。
旦那は本物の舞妓さんを隣に緊張気味だ。
「その髪の毛は地毛か?」とか「着物は重いか?」などと聞いていた。
4月から始まる「京をどり」のポスターにもなっている舞妓さんで
非常にかわいらしい。なんといってもまだ10代の女の子だ。
彼女に「お兄さんものすご、箸の使い方、上手どすなあ」と言われて
ご満悦な旦那。 そしてお酌までして貰っている。
旦那よ、普通日本人だって舞妓さんにお酌をして貰える事なんて
あり得ないんだよ。第一「いちげんさん」お断りなのだから。
かくいう私も、かわいらしい舞妓さんを横にドキドキしてしまった。

舞妓さん、彼女のお姐さんがカラオケを歌い、おいとましたのは
日付が変わった12時半であった。

友人夫妻のお陰で本当に素晴らしい京都ナイトを過ごせた。
旦那も「皆に自慢する」と言ってアルバム作りに精を出している。
スポンサーサイト
2007.03.17 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://vitavito.blog80.fc2.com/tb.php/74-956e059b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。