上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今日午前中に犬の訓練士さんが我が家に来てくれた。
実家の近くの獣医さんが紹介してくれたのだ。私は何故か男性を想像していたのだが、
意外や意外、若い女性であった。

彼女は家に入ってきて、メモを取りながら床に座り暫くVitoを観察していた。Vitoが噛んだら静かな声で「ダメよ~」「痛いでしょ~」と言っていた。色々彼女の質問に答えたりしている間もVitoは落ち着きなく走り回り、彼女の匂いを嗅いだり私達を噛んだりしていた。

彼女曰くVitoは「明るく快活。切り替えが早く柔軟性がある」との事。
そう、「欠点」を「長所」に切り替えて言っているのだ。
決して欠点を言わず、本来なら欠点であるべき所をポジティブに長所に換えているのだ。なるほど!Vitoは「明朗快活、切り替えが早く柔軟性がある」そう思えば気持ちも楽になるではないか!

そして噛み癖に対する訓練。訓練士さんがお手本(?)を示す。
まずVitoが落ち着いてRelaxしてきたところで、Vitoを抱き上げて彼女がソファに座り、Vitoを膝の上に置いて背中を彼女の胸・お腹に付ける。
当然Vitoは嫌がり、彼女の手を噛みだす。そうしたらVitoの顎をぎゅっと押さえるのだ。そうするとVitoはこの世の終わりとでも言うような悲惨な鳴き声を上げだした。未だかつてこんなVitoの声を聞いた事がない。思わず辛くなってしまったが、ここが勝負どころ。暫く悲痛に鳴いた後、段々大人しくなり、こちらの目にもRelaxしてきたようである。
暫く彼女はVitoに何か優しく語りかけ、手足を撫でまるで赤ちゃんをあやしているように扱っている。そしたらVitoは彼女の顔をペロペロと舐めだした! 有り得ない・・・・。感動してしまった。
暫くしてセッション終了。

あの悲痛な声を聞くと飼い主をしては怯んでしまい、手を離してしまいがちなので、
そこで失敗したら「終わり」なんだそうである。
なので、このセッションは必ず彼女の指導の元にやるそうだ。

私も実家にいる時間もあまりないので、訓練士さんの優しい計らいでスケジュールを詰めてもらい、いよいよ明日私がそのセッションを受ける事になった。 出来るか不安だけど、まずは自分を信じて、そしてVitoを信じてやるしかない。 Vito、私も頑張るからお前も頑張っておくれ。 
旦那が戻ったら一度Vitoを連れて実家に来て旦那も訓練士さんの指導の元、やる必要があるそうだ。これからメールせねば!


ちょっと、カッコいいんじゃない?You look very cool, Vito!
IMG_1480.jpg


何か用? Do you want me? (By Vito)
IMG_1481.jpg


眠いから放っておいて! Leave me alone! I'm sleepy (By Vito)
IMG_1477.jpg

スポンサーサイト
2006.11.15 Wed l 未分類 l COM(4) TB(0) l top ▲

コメント

訓練士が来てくれたんだね。欠点をポジティブに考えるんだね。なるほどね、これって、ある意味何事においてもそうだよね。私もお勉強になったわ。顎をぎゅっと押さえた時の、泣き声って、かわいそうで、やっぱり飼い主としては、あまり聞きたくないよね。でも、心を鬼にしてやらないとね。噛み癖なおるといいね。がんばってね!
2006.11.16 Thu l ぼらぼらすぃーと. URL l 編集
Vitoちゃん
訓練士さんにお願いしたなら、一安心ですね(^_^)。
ドッグランに行けるようになってお友達が出来たら
また変わるところもあるでしょうし。
「ま」の首輪は完全にわたしの趣味を押しつけてますが(^_^;)
子供のうちは首輪嫌いにならないように、軽めがいいかもですね。
2006.11.16 Thu l mares. URL l 編集
ぼらぼらすぃーとさんへ
多分子育てでもそうなんだろうね。欠点だと思う事を長所に置き換えてみるって。あ、子育てのみならずきっと人間関係でもそうだね!
今日も悲惨な鳴き声あげて、きっとご近所からは何事!?と思われてるかも。でも、噛み癖矯正の為だから頑張る~。
てか旦那もやるんだよ~、プププ。
2006.11.16 Thu l Vito mom. URL l 編集
maresさんへ
やはり訓練士さんがやるのと、私がやるのでは全然違います(涙)
でもやるしかないです・・・・。 
Vitoは生後3ヶ月で首の一番細い所が21cmぴったりなんですが、やはり大きめの首輪を購入しておいた方が良いですよね~?
「ま」ちゃんはどんな首輪を付けてますか??
2006.11.16 Thu l Vito mom. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://vitavito.blog80.fc2.com/tb.php/24-ed3bf967
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。