上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先日火曜日の夕方、いつものようにVitony達は庭で追いかけっこをしていたのだが、
Tonyが急に左足を引き引きリビングに戻ってきた。
見ると血がダラダラ出ている。
父ちゃんがTonyを抱き上げて見てみると、狼爪が折れてしまっている。
止血をしようとティッシュと止血止めパウダーを使ったのだが、なかなか止まらない。
Tonyも心なしか呆然としてきて、うなだれている。

という事で慌てて近所の獣医さんに駆け込んだ。
怪我だという事で早く診て貰えたので助かった。 
そして、その狼爪は抜くことに・・・・。獣医さんが準備をしている間に
父ちゃんとお互いに「押さえ役お願い・・・・」と言い合っていた。
2人ともさすがに痛々しくてみていられない気持ちなのは一緒だったらしい。
結局私達は待合室で待っている事になった。
しばらくして、紫の包帯を巻いたTonyが戻ってきた。
病院嫌いなTonyだけど、痛さと不安でシュンとしてしまって痛々しい。

家に着いてからもその夜はずっとベッドで大人しくしていたし、Vitoもさすがに
Tonyに絡んだりはしていなかった。
翌日からは包帯を巻いた足を床につけず、3本足で上手いことヒョコヒョコと歩いていて
元気になったので安心。 抗生物質の薬はオヤツのごとくバリバリと食べてくれて
これまた手がかからない。

痛いのによく頑張った、Tony! 偉いぞ!!


帰宅後、バタンキューで寝てしまった。


翌日からは3本足でも元気に遊ぶ
Img_8187.jpg

Vito兄ちゃ~ん、遊ぼうよ~~(By Tony)
Img_8188.jpg

マミィ~~!! (By Tony)
Img_8191.jpg

ボクは強いんだぞ! (By Tony)
Img_8189.jpg
スポンサーサイト
2009.06.26 Fri l 未分類 l COM(8) TB(0) l top ▲
犬は天気が良い日というのがよくわかるようで、そういう時は朝から
窓の近くを2匹でソワソワ、人の顔をジーッと見つめて何かを訴えてくる。
窓を開けると庭に一目散、そして人間が森林で深呼吸をするかのように、
顔を空に向けてクンクンと匂いを嗅ぎ、まぶしそうに目をパチパチとさせる。
ここまでは、「可愛いな~」と思って2匹を見つめている。

しばらくすると・・・・・野獣出現・・・・・・


①あ~~気持ちが良いね~晴れている日はウキウキだね!


②コングで遊ばない??
Img_5196.jpg

③ええ~~い!それは元はといえばボクの物だい! (By Vito)
Img_5195.jpg

④誰がそんな事決めたのさ!! (By Tony)
Img_5193.jpg

⑤ウギャ~~! ガ~~~!! ウギ~~!
Img_5194.jpg

⑥X◎△◇$#○~~~~!
Img_5192.jpg


③の時点で物凄い野獣化となり、庭の前のプレイエリアで遊んでいる子供達の
ママさんパパさん達がこちらを振り返る事になる。
ご近所に一体どう思われているのか・・・・・・飼い主は心配やら恥ずかしいやらと
ハラハラしているのに、2匹の野獣はいつもお構いなしである・・・・。
2009.06.13 Sat l 未分類 l COM(4) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。