上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今日は住んでいる所にMiss USAとMiss Teenが来るというので、友達と待ち合わせをして
見に行ってきた。 本当はMiss Universeの森理世さんも来る筈だったらしいのだが、
最終的にキャンセルになっていた。

二人共イブニングを着てティアラしてモデル立ちしているのかと思いきや、普段着で
皆列に並んでサインと写真を待っているので、私達も列に並んだ。
自分の番が来て、名前とスペルを言うとサインをしてもらえた。
いや~・・・・カワイイ。 同じ人間とは思えないくらい顔が小さくて、とても美しい歯をしている。
小さい子供や赤ちゃんと写真を撮ったりととてもフレンドリーだ。
私は自分の顔の大きさが強調されては嫌なので、一緒に写真を撮るのは遠慮した。

貰ったサインの写真はメイクばっちりで、大人びているが、実際に普段着のMissたちを見ると
普通といえば普通の女の子で、とてもカワイイ。

あのタスキの為にどれだけの努力をするのだろうか。
自分の怠惰さをちょっと反省してしまった。

その後はそのままフードコートで友達と話し込んでしまい、気づいたら3時間も経過していた。
結婚の際のセミナーに一緒だった人で2年ぶりに沢山話をして、私も楽しい午後を過ごした。



MISS USA
miss usa


MISS TEEN と MISS USA
Image065.jpg





DSCN0130.jpg



DSCN0131.jpg




左から森理世さん、MISS USA、MISS TEEN
DSCN0133.jpg

スポンサーサイト
2008.02.28 Thu l 未分類 l COM(6) TB(0) l top ▲
先週土曜日に海老名のヴィナウォークに行って来た。
私が現在住んでいる所に比べるとやけに「都会」に感じてしまう。

OUTBACKで久々がっつり食べた後はブラブラと買い物。
そこで入ったところが大型ペットショップ。
もう買う物なんてない筈なのだが、父ちゃんが何やら熱心に見ている。
それは・・・・・・洋服。 イタグレにはイタグレ用と思っているのだが、ダックス用なら
着丈が合うかな?と思い私も探してみた。
父ちゃんが「これこれ!これ着たらVitoもまいう~!になれるよ!」と手に取った物は
迷彩柄のズボン付きロンパース。 その後「まいう~」を連発してうるさい。
着丈はVitoに丁度良いのだが、何となく首周りとか袖周りが不安だった。
でも店員さん曰くタグを付けたままで、レシートを持参すれば返品可能との事だったから
購入してみた。 (ああ・・・・どこまでも親バカ・・・・・)

帰宅後早速着せてみた。 やはり首周りが首の付け根にこなくてしっくりしない。
ズボンや着丈は丁度良いものの、首周りがズルッとして何だか「だらしのない子」
のようになってしまっている。 でも父ちゃんは返品しなくて良いんじゃない?と言うので
(多分返品しに行くのが面倒なだけ)、ジャンパーを羽織らせてみた。
「Vito、まいう~だよ!」と父ちゃんは写真を撮りはじめた。

そのいでたちで散歩に出たのだが、その後「本物の」迷彩服を来た数人の
ポリスに笑われたのは言うまでもない・・・・・・。
私は取り敢えず、彼らが見えなかったフリをした。



う~ん・・・・・・





それじゃあ、なんだか「だらしのない子」状態だねえ・・・・・
Img_1715.jpg




マミー、じゃあこれはどうよ!?!? (By Vito)
・・・・・・・・・・・(By マミー)
Img_1720.jpg

2008.02.20 Wed l 未分類 l COM(4) TB(0) l top ▲
今日は朝から久々に出掛けて帰ってきたのは約7時間後。
その間にVitoは1人ホームアローンであった。
でもパピーの頃から留守番はちゃんと出来ていたし、最大9時間の留守番をした事がある。

帰ってきてからVitoは物凄く喜んでいたものの、あまり構ってあげない内に
Vitoのトイレ掃除やら自分の着替え、洗濯物の始末をしていた。
Vitoがちょっと怒っているなとは思っていたが、自分の用事を済ませていた。

そしてリビングに戻ると何故か床に綿状のものがフワフワと・・・・・。
「さては何か壊したな!?」と思ったものの、Vitoが破壊するような綿が入った物は
このリビングにはない筈・・・・。 でもVitoは私を上目遣いに見ている。
そのまま視線をドアの方に持っていくと・・・・・やられたっっ!!
靴の中のムートンをむしられていた!

靴を持ち、Vitoを睨み付けるとササ~ッとソファの隅に隠れた。
悪い事だとわかっている証拠だ。 穴の開いた部分をVitoの鼻面に押し付けて
怒った。 元はと言えば、私が帰宅後すぐにかまってあげなかったから、私にも
責任はあるのだが、買ったばかりの、しかも少々高い靴をやられては黙っていられない。

その後私の膝の上に擦り寄ってきたVito。
短気な私の事、通常なら怒りが収まらずいつまでもプリプリしているのだが、
何故かVitoに対しては長時間怒っている事が出来ない。
「もうどうしてくれるんだ! 私の靴!!」と思いつつも、Vitoの背中を優しく撫でて
しまう自分がいる。



ち・・・・・ちくしょ~~~~!!!


2008.02.16 Sat l 未分類 l COM(6) TB(0) l top ▲
バレンタインデー。 日頃出歩いていない母ちゃんはTVや友人からのメールで
気分だけは味わっていた。 TVで高いチョコをみるたびに舌なめずりをし、友人には
「人にあげるんじゃなくて自分が欲しいよね」とのたまっていた。
そして何故か相次ぐ本場ゴディバでのチョコレート作り体験の番組。
あまりに私がのたうち回るので、父ちゃんが当日チョコをくれた!

自分では滅多に買う事のないゴディバ。
母ちゃんがハッピーになったのは言うまでもない。
Vitoは男だけど、何もなし。
箱にかかっていた金のリボンでBling Blingに。




大切に食べるぞ~!
DSCN0121.jpg





マミー、ボクの首に何かついているようですが!?!? (By Vito)





ボクにもチョコ頂戴な・・・・・(By Vito)
Img_1713.jpg



2008.02.14 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
昨日行った近所のホームセンターで久々にVitoのオモチャを購入した。
実際にはそれを見た瞬間に父ちゃんが「これVitoの為に買う!」と即決。
ボタンを押すと勝手に転がってくれるボールである。
ある程度硬さもあるので、これならVitoも破壊しないだろう。

それを今日与えてみた。 最初おっかなびっくりだったが、その内ボールを
追いながらアウアウアウ~~と声を上げて興奮していた。
よしよし、このボールならVitoも1人遊びが出来るぞ!とニンマリ。
もっと子犬の頃にこれを見つけていれば良かった・・・・・・。



黒いボタンをポチッと押すと転がり始める




な・・・・何!? ボールが勝手に転がってくよ!! (By Vito)
DSCN0117.jpg




アウッ!!
DSCN0113.jpg




エイヤッ!!
DSCN0114.jpg




週末慣例のシャワータイム
DSCN0102.jpg




足の指の間もちゃんと洗ってね~ (By Vito)
DSCN0107.jpg




シャワーを浴びて気持ちよく爆睡
DSCN0110.jpg

2008.02.09 Sat l 未分類 l COM(4) TB(0) l top ▲
アマート君が無事見つかったので、ポスターは削除しました。
2008.02.08 Fri l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
コスタリカで開催される、Bienal Centroamericana Honduras 2008 と言う展示会に、
「生きている犬を紐につないだまま餓死させる」と言う悪魔のような作品が出品されようとしています。



For the Love of the Dog


こんな事が許されていいのでしょうか??

それを阻止するための署名活動が行われています。


Boicot a la presencia de Guillermo Habacuc Vargas en la Bienal Centroamericana Honduras 2008


このページの下の 「Click here to sign petiton」を押すと次のページに移ります。

そこに、Name (名前)、 Email Address (メールアドレス)、 Localidad (都市名)、País(国)を記入して、Email Address Privacy Optionが Praivateになっていることを確認して、「Preview your signiture」を押して、次のページの「Approve Signiture」を押すと署名完了です。

その後すぐメールが来ますが、それは署名完了のお知らせですので放っておいて構いません。


「なぜこれがARTなのか? 発想した人はARTの意味がわかっていないし、ARTという
単語を使って欲しくない。 自分が鎖に繋がれて見世物にされて、この犬達と
同じ立場になったらどう思うだろう? 過剰に甘やかされている動物もいるかと思えば、
愛という言葉を知らずにいる動物たち、虐待されている動物たちもいる。
人間も動物も悲しい生を送る為にこの地球に生まれてきた訳ではない。
愛し、愛される為に生まれてきた筈。 少しでも早く愛に溢れた地球になりますように!」

2008.02.06 Wed l 未分類 l COM(8) TB(0) l top ▲
今日の午後、アマート君とオーナーさんがついに再会する事が出来た。
朗報を知った時、嬉しさのあまり涙が出てVitoを抱きしめて神様に感謝をした。

アマート君の生命力の強さに感動すると共に犬に対して、尊敬の念がますます
強くなったように思う。

そして捜索に参加された皆様の温かい心で、私の心も温かくなったようだ。

あとは、横浜のネロ君だ。
ネロ君、頑張って!必ず皆が見つけるよ!!
2008.02.04 Mon l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。