上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今年もあっという間に大晦日になってしまった。

今年は沢山の事があった。初めての転勤で理不尽な事が沢山あって納得がいかず
イライラしたり、泣いたり八つ当たりしたりしたけどその度に沢山の人に励まされ
慰められてきた。 本当に感謝したい。

そしてVitoのお陰で出不精&無愛想&人見知りの私達夫婦が色んな所に出掛けて
沢山の方達に声をかけて頂いた。
Vitoがいなかったら出来なかった事だと思う。
しかも多分イタグレという犬種だったからに違いない。
私達をお誘い下さった皆様、ドッグランで声をかけて下さった皆様、このなんて事ない
ブログを読んで下さりコメントを下さった皆様、ドッグランでこのブログを覚えていて声を
かけて下さった皆様、本当に有難うございました。
Vitoをはじめ、私達夫婦は本当に嬉しかったです。
来年もどうぞ宜しくお願いいたします。
皆様と皆様のご愛犬にとって来年も素敵な年になりますように・・・・・。

Vitoより
「みなさん、ボクと沢山遊んでくれてありがとう!最初は引っ込み思案だったけど
段々遊べるようになったのはみんなのお陰です。時々ボクがしつこくしちゃって
ゴメンネ・・・・。すぐ興奮しちゃうんだ。 でもまだまだ人見知りしちゃうから、来年こそは
もっともっと頑張りたいです。ダディとマミィもボクと同じように人見知りなの。
だからボクからもお願いします、懲りずに声をかけて下さい!
今年は沢山のお友達が出来てボクはハッピーでした。来年も沢山遊んでね!」



アメリカはフィラデルフィアにいる義妹家族のパピーボクサー、ラザラス。
Dscf1314.jpg



ガオ~~~!
Img_1527.jpg



ダディと寝ます・・・・・(By Vito)




皆さん、来年もヨロシクね! (By Vito)
DSCN0038.jpg

スポンサーサイト
2007.12.31 Mon l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
これは獣医さんの言葉である。
連休明けに行きつけの獣医さんにVitoの爪を切りに行って来た。
行く度に体重を量ってもらうのだが、今回獣医さんはこんな反応をした。

Vito、体重7.2㌔もあった・・・・・・。
先月半ばのワクチンの際には6.8㌔で背骨もわき腹も骨が浮き出る感じで
丁度良かった。 7㌔オーバーかあ・・・・。
よくよく見ると背骨は浮き出ているものの、わき腹はちょっと怪しい。
11月上旬頃からほぼ毎週1時間から2時間市内のドッグランで走らせているのに、
何故なんだ!? Vitoくんよ・・・・・・。

父ちゃんも私の母も原因は私が与えるフードの量が多いと言う。
でも今までと量は変わらない。
自分の名誉の為に言わせて貰おう! フルーツを食べる度にVitoに与えているのは誰!?
答え→私以外の他の家族全員である。
みかん、りんご、いちご、キウイ、バナナ、パイナップル、柿・・・・・。
私が怒ると今度は私が見ていない隙に与えている。

私は全員に宣告した。
「今日から一切Vitoにフルーツ等与えないように!」と。
そしてVitoくんよ、今日から少し長めの散歩だよ。



マミー、ダイエットって言ったって皆がボクにフルーツをくれるんだよ!?(By Vito)





ダイエットなんてしたくないもん・・・・・(By Vito)
DSCN0033.jpg




2007.12.26 Wed l 未分類 l COM(5) TB(0) l top ▲
この間の夕方Vitoがドアの隙間から脱走した。

事の始まりは玄関先でゴトッと音がして、私のベッドの上で寝ていたVitoが敏感に
反応し吠え出したのだ。そして弾丸の勢いで階下に下りて行った。
ドアの横のガラスから赤いタンクが見えたので、父ちゃんが駐車場に車を置きに行く途中
灯油タンクだけを玄関先に置いて行ったようである。
それでもVitoはまだ吼えているので、私は玄関をそっと開けた。

その瞬間Vitoは外に飛び出してしまった。
ちょっと先に父ちゃんの車が走っていたので、Vitoは車を凄い勢いで追い始めたのである。
そのまま走ればきっと駐車場まで行ったのかもしれないが、Vitoが玄関をすり抜けて
「脱走」したのは初めてなので、私はパニックになってしまった。
しかもVitoは猛スピードで走っている。
私は靴もはかずに靴下のまま外に飛び出し、狂ったようにVitoの名前を呼んだ。
一瞬Vitoは立ち止まり、私を振り返ったがまた走り出す。

「あ!オヤツ!」と思い家に引き返した。そして母に援助を求めた。
しかしながら母は・・・・・優雅にもピアノの練習で私の声が聞こえないようだったので、
急いでオヤツを手にして、ドアを開けて飛び出そうとしたら・・・・・・・・・・・・・・・・・
Vitoが玄関先にオスワリをしていた。

あ~・・・・・良かった。 この小心者が遠くに行けるわけはないと思いつつも、裸足で
走りながら最悪の事態が頭の中をグルグル周っていた。
なのでVito自ら戻ってきてくれた時、思わず叱ってしまった。

駐車場まで行って父ちゃんに「Vito、逃げたんだよ」と言ったら、みるみる顔が
硬直して焦っている様子が見えたが、事情を説明したら安堵したようであった。

Vitoを叱ったのは追いかけて冷や汗をかいた私のみ。
あとは「自分でよく戻ってきた!えらい!」と絶賛の嵐だったのはちょっと悔しい・・・・。
父ちゃんにいたっては「きっとダディの車が見えたから追いかけたんだね。
そんなにダディの事、好きなんだね~」という始末である・・・・・。


Vitoくん、何様!?!?
IMG_2323.jpg



あ~お尻があったかい! (By Vito)
IMG_2325.jpg



ダディ!アイロンがけなんてしてないで遊んでよ~! (By Vito)
IMG_2326.jpg




お天道様が一番!!
IMG_2322.jpg
2007.12.20 Thu l 未分類 l COM(6) TB(0) l top ▲
1 My life is likely to last 10-15 years. Regular separation from you will be painful and can even cause depression. Think before you buy me.

2 Give me time to understand what you want from me don't be impatient, short-tempered or irritable.

3 Place your trust in me and I will always trust you back, respect is earned not given as some sort of inalienable right.

4 Don't be angry with me for long, and don't lock me up as punishment. I am not capable of understanding why I am being locked up. I only know I have been rejected. You have your work, entertainment and friends. I only have you.

5 Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I do understand your tone. "You only have to look at my tail" to know that.

6 Be aware that however you treat me, I will never forget, if that treatment is unjust or bad, it may spoil the special bond between us.

7 Please do not hit me. I cannot hit back, but I can bite and scratch and I don't ever want to feel the need to do that.

8 Before you tell me off me for being uncooperative, obstinate, or lazy, ask yourself if something might be wrong with me. Perhaps I'm not getting the right food or I've been out in the sun too long, maybe my heart is getting old and weak, or maybe I'm just dog-tired.

9 Take care of me when I get old. You too will grow old and will also want care, love, and affection.

10 Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch" or "Let it happen in my absence". Everything is easier for me if you are there. Remember, Irrespective of what you do I will always love you.
2007.12.13 Thu l 未分類 l COM(4) TB(0) l top ▲
「湘南ドッグパーク」で横浜のVITOくんと再会を果した。
しかも偶然に!
買い物に行った後だった為、いつもより出遅れてしまい3時近くに到着。
陰ってきているし、もうイタグレちゃん達はいないだろうなと思いつつ
駐車場に入ると、なんとVITOくんファミリーがちょうど車から下りてくるところだった。
ランの中には前回声を掛けて下さった、モカちゃん&飼い主さんもいらっしゃって
イタグレちゃん達はまだまだ沢山。良かった~~。

VITOくんとVito、男同士Vito同士爆走しまくって楽しそうだった。
足が速いVITOくんに少しは走り方、教わったかな!?


こんにちは! 海おさ以来だね~!
Img_1214.jpg



Vitoくん、じゃあそろそろ走るよ (By VITO)
Img_1217.jpg



そうじゃなくて~!! (By VITO)
Img_1221.jpg



ちゃんとボクの走り方、見ててくれる? (By VITO)
Img_1222.jpg



ちゃんと走り方のマスターしてくれた? (By VITO)
Img_1238.jpg



ねえ、遊んで~~! (By Vito)


2007.12.09 Sun l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
ミュウママさんからお誘いを受けて代々木公園ドッグランまで遠征をしてきた。

12時頃到着、すでにミュウちゃんは遊んでいた。途中でke_nyonさんも参加するとの
連絡がありお先にランに入って遊んでいた。
土曜日だけど、ワンちゃん達が少ないような気がする。
木々も紅葉し、今週末が見納めか?という感じであった。
夏に来たときはウッドチップで殆ど走らなかったVitoであるが、今回は落ち葉が丁度
クッションのような役目を果してかピョンピョンと走っている。
今日も色んな子に自分から挨拶。 ただ、以前フレンチブルドッグに噛まれそうになった
経験があるせいか、トラウマになってしまったのかどうもこの犬種が苦手な模様。
走っていても、前方に見えると立ち止まるか方向転換してしまう。
その様子もあからさま過ぎて、見ていて滑稽である。

そのうちセブン君、キャンディ君の飼い主さん達が声をかけてくださって、Vitoも一緒に
遊んでもらった。どうも「海おさ」でVitoの事を覚えていて下さっていたらしい。
男の子の同士気があったのか、Vitoも嬉しそうに遊んでいたのだが、
生意気にもセブン君にマウンティングまでしてしまっていた。いつそんな事を覚えたのやら・・・・。

ke_nyonさん&かのこちゃんにも裾野以来お会いしていなかったので、
年内に再会出来て私もVitoも嬉しかった。
その後はミュウママさん&ミュウちゃんと公園のすぐ横にあるVioletに。
ミュウちゃんは本当に大人しくて良い子にしていた。反対にVitoは落ち着きなくウロウロ。
もう少しカフェにも慣れて貰わないと。

父ちゃんと久々に都心まで出て楽しかった!

ミュウママさん、お誘い有難うございました!


葉巻ならぬ小枝をアンニュイに銜える艶女、ミュウちゃん
Img_1051.jpg



紅葉がきれいな代々木公園
Img_1078.jpg



キャンディ君、セブン君、Vitoのまるでシンクロナイズドスイミング!?
Img_1106.jpg



お馴染み、かのこちゃん&ミュウちゃんのガウガウ
Img_1137.jpg




お友達だね!!
Img_1139.jpg



モデル気分のVito
Img_1178.jpg



アタシに追いつける?? (By ミュウちゃん)
待って~~~(By Vito)


2007.12.08 Sat l 未分類 l COM(6) TB(0) l top ▲
日曜日に再びVitoを市内のドッグランに連れて行った。
父ちゃんは「あそこ、Vitoは嫌いっぽいから走らないよ」と
何度も言っていたが、近いし広いし暖かいし今度は遊ぶかもよ!と
説得(?)して現場に向かった。

午後の早い時間だったのでまだ暖かく、駐車場も一杯だった。
ノートに記入してランに入ると何匹かイタグレちゃんがいた。
飼い主の方達に挨拶をして、Vitoも皆と遊んでくれるかな~?と
思ったが、Vitoは他の犬種のワンちゃん達の方へ・・・・・。
やむを得ず、飼い主も奥へ移動。

何故か今回はVitoは最初からハイテンションで色んな子に自分から
挨拶に行っている。しかも生意気にも大きい子達の所にも行く。
サルーキちゃんにいたっては、自分から挑発して遊びに誘っていたが、
サルーキちゃんがあまり乗ってくれず、空回り・・・・。

前回もいたグレートデーンにも再会。
最初はさすがにVitoも腰が引けていたが、相手が非常に穏やかだと
わかると、トコトコと後をついてまわっていた。

大型犬が多いのも前回を変わらない。それなのにもう殆ど私や
父ちゃんの足元に張り付いていた前回とうって変わって、今回は
私達の所にろくに来なかった。しかも帰り支度を始めていると
「え?帰るの? まだ遊ぶ!」とわざと私達から遠ざかっていた。
Vitoの中で何か基準があるのだろうか?
不思議だ。

イタグレ、モカちゃんの飼い主さんが超人見知りの私達の所まで
来て下さって「お話しませんか?」と声を掛けて下さった。
非常に嬉しかった! ありがとうございました!


こんにちは! (By Vito)




モカちゃんとご挨拶
Img_0982.jpg



遊んでよぉ~! (By Vito)
Img_0988.jpg



走るVito、走る飼い主
Img_0998.jpg



ちょっ・・・ちょっと待って・・・君大きいよ・・・(By Vito)
Img_1013.jpg



え? もう帰るの? ヤダよ~まだ遊ぶ~(By Vito)
Img_1004.jpg



今日は沢山遊んだぞ~(By Vito)
Img_0969.jpg

2007.12.06 Thu l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。