上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今日旦那は仕事に行かなくても良い事になったので、午前中から
金沢八景の海の公園に行った。
湿気もなく暑すぎず、気持ちの良い天気であった。

Vitoも気持ちよさを体で感じ取ったのか、足取りも軽く
ウキウキしているようだった。
いつものドッグランに着くと、あまり犬達がいるように感じられ
なかったので入るのを躊躇ったが、旦那が「あ!イタグレが!」と
叫ぶので見てみると、中に1匹のイタグレがいた。
なのでドアを押して入ると、向こうのオーナーさん夫妻も
気付いてくれてお互いに挨拶を交わした。
Vitoより少し大きめの非常に引き締まった体でマッチョな
男の子である。 Vitoがとてもお子ちゃま体型に感じられてしまった。
2匹は挨拶もそこそこに追いかけっこを始めた。
さすがイタグレ、あまりにすごい勢いなので他のワンちゃんの
オーナーさん達は感心しているようだ。
その内シュナウザーの女の子も加わり、3匹で楽しそうに
追いかけっこをしていて、見ている私も楽しかった。

Vitoはまだまだスタミナ不足なのか、一気に走ると疲れて
私達の足元に来てしまう。
せっかくイタグレ君が「遊ぼう!」と来てくれても「やだあ、疲れた
からもう走らない」と言わんばかりの態度を取る。
Goody君、今日はVitoと遊んでくれて有難う!
また会えたら良いね!

その後ベイサイドマリーナに行きたかったが、混雑が予想されたので
諦めて帰ってきた。


ワンコ達に囲まれてHappy!




Goody君とVito
IMG_2026.jpg



疲れてバタン。 マサイ族風のVito
IMG_2005.jpg

スポンサーサイト
2007.04.29 Sun l 未分類 l COM(4) TB(0) l top ▲
世間はGWなのだが我が家には全く関係がない。
週末天気はそこそこっぽいので、日中から「あそこ行きたいなあ」
「ここも良いなあ」「混むだろうけど、ま、良いか!」などと
自分で計画を立てていた。
夕方旦那が戻ると・・・・週末は仕事に出ないといけないと言う。
はあ・・・一気にテンションが下がる。
「予定は未定」これは旦那と付き合っている時から肝に銘じている
筈なのだが、いざとなると中々受け入れられない。
旅行の計画はもってのほか、週末の予定も「予定は未定」。
結婚式の日程だって2回も変更になったし、旅行の計画は何度
潰れたかわからない。
「予定は未定」今までは冗談で言ってきた言葉であったが、現在は
我が家では「常識」となっている。
頭ではわかっていても、心では中々理解出来なくて自己嫌悪になったり
してしまう私である。

戸籍制度のないアメリカ人にとって「ソーシャルセキュリティナンバー」というのがあるが、
非常に大事な番号である。
ただし、外国人はその番号が取りにくい為、それに匹敵する番号の
手続きを取る訳だが、私がその手続きをしたのが去年6月である。
その番号がないと、アメリカ社会では何一つ出来ない。
アメリカの銀行の口座も開けないし、夫婦の共同口座を持つ事さえ
出来ないのである。
さて、去年の6月ベースの法律オフィスに行ってその手続きをした。
しかしながら何もわかっていないオフィサーで、そのくせ「私の
言う事に間違いはない!」とのたまう人で、その人のせいで
アメリカまで送った書類を「書類不備」で3ヶ月後に付き返される。

そして再度手続きをしたのが10月。その時は丁寧なオフィサーで
何度も何度も繰り返し不備がないか確認をしてくれた。
そしてアメリカに郵送したのだが、待てど暮らせど番号はこない。
年明けて1月。いい加減おかしいだろうと言う事でアメリカの
オフィスまで国際電話をかけるも、「書類が届いていない」と
にべもなく言われた。怒りのぶつけどころはどこにもなく、ただただ
泣くばかりであった。たった一つの番号、しかもアメリカ人にとって
重要な「社会保障番号」と同じ役割の番号をこんなに手間取るとは
アメリカという国は一体どういう国なのか?と不信感が募った。

やりきれない思いを抱えて3度目に手続きをしたのが3月上旬。
悔しいので、今回は保険付きで郵送をした。
先ほどUS POSTAL SERVICEのHPにアクセスしてトラッキングをしたら
3月中旬には宛先住所に着いている。
到着して1ヵ月半、私の書類はどう処理されているのであろうか?

これからVISAとか色々な手続きが待っている。
VISAの申請のやり方もころころ変わっているようだし、本当に
あてにならない。結婚一つするのにも兎に角膨大な量の
ペーパーワークをこなしたし、3回もたかが「番号」でストレスを
強いられ私のアメリカに対する不信感はますます募るばかりである。

VIVA ニッポン! お役所は通り一遍な所があるけれど、
完璧に仕事をこなしている。お店に行けば店員さんは笑顔である。
チップの額によって笑顔が変わったりなんてしない。
生活の中にチョコチョコっとアメリカが入っているだけなのだが、
日本て良い国だな~とつくづく思うのである。

2007.04.27 Fri l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲

BBQ

今日は昼過ぎから旦那の職場のBBQに行って来た。Vitoも連れて・・・。
BBQに犬連れなんて良いのか?と思ったが、着いてVitoを外に
連れ出した途端に皆の注目が集まり、笑いが起こった。
皆口々に「グレイハウンドだ!」とか「ミニチュアグレイハウンド」だ
と言っていたので、日本よりイタグレは知られて(?)いるらしい。
しかし、大男達が頭上から大きな声でVitoに話しかけるものだから、
ビビリ犬Vitoは尻尾をしまい込んでビビッていた。
何人かはしゃがんでVitoの口の下にグーにした手の内側を見せるように
差し出したので、Vitoも少し安心したようだ。
日本人は大抵手を開いて上から触ろうとするが、このアメリカ人達の
やり方は上手いなあと思った。
小さい女の子も「パピー」「パピー」と近づいて来たのでVito用の
ボーロを女の子に渡し、Vitoにあげさせた。
最後に私に1輪のシロツメクサをくれて、非常に可愛かった。

隣にある野球グラウンドにVitoを連れていって、走らせたが
久々に走ったせいか弾丸のような勢いで走り出した。
笑ってしまうくらいの速さである。その内、隣のパターゴルフ場が
気になりだしたのか、近くまで行った途端ゴルフボールに興味を
持ってしまい、パターゴルフ場に乱入・・・・。
おやつで釣って外に出した。パターゴルフ中の人達のゲームを
中断させてしまった。 その後は鷹を捕まえようとジャンプしたりして
やけにグレイハウンドの本能むき出しにしていた。

若い男の子達はお酒を飲み、ゲームに熱中していてとても楽しそうだ。
一人一人、若くてエネルギーに溢れていて、フレンドリーでとても
良い子達である。 若い子達の中に入って私は久々楽しい時間を
過ごす事が出来た。
Vitoも車に乗った途端バタンキューだった。

肝心のBBQはと言えば、何故かあまり食べ物にありつけなかった。
まあ、Vitoがいたからしょうがない・・・・・。



スコットランド風ゲームの開始
IMG_2007.jpg



風が強くてVitoの耳もなびく
IMG_2011.jpg



うお~、皆盛り上がってるね!(By Vito)
IMG_2012.jpg



あ、あ、ポップコーンが舞ってるよ!(By Vito)
IMG_2008.jpg

2007.04.21 Sat l 未分類 l COM(8) TB(0) l top ▲
ここ2,3日の内にVitoは自分が寝ているハウスを破壊した。
中に入って、内側を噛んで中のスポンジを出してしまったのだ。
入り口をやったので、ハウスは前向きに傾いた。
元々フリース(?)素材で周りと屋根をマジックテープで留める
だけだったから、不安定ではあった。
でも寒い時に重宝していた筈だ。
それをわかっているのはVito本人の筈なのに、自ら破壊したのだ。
そして、今朝リビングの壁紙を噛んでいた事も発見。
最近はどうも第2反抗期のように、反抗してくる。

崩壊したVitoのハウスと壁紙を証拠物件として写真を撮り
旦那にメールで送った。さぞかしVitoの事を怒るだろうと私は
確信していた。
なのに、暫くしてきた返事には「ちゃんとVitoにAttentionしている
のか?」とか「ちゃんと遊んであげているのか?」とか
「きっとAttentionを貰えないからVitoは君に対して怒っているんだ」
などという言葉が書かれていた。
そして「ちゃんとVitoにAttentionしろ!」と最後に一言。

Vito、君が何か悪さをすると父ちゃんに怒られるのは今や
この母ちゃんなのだよ・・・・・。
一体、この変わりようときたら何なのだろう?
Vitoが来た当初はPeeをよく失敗して父ちゃんに締め出しを食らったり
してたのに、今じゃ、父ちゃんはほぼVitoの味方・・・・。
母ちゃんの味方は一体誰!?


宇宙人Vito。目がピカ~
IMG_1993.jpg



あの、僕、君と遊びたいな・・・・Hey, I want to play with you!
IMG_1998.jpg



こんにちは!僕、Vitoだよ! Hello! I am Vito!
IMG_2001.jpg

2007.04.12 Thu l 未分類 l COM(10) TB(0) l top ▲
今日は家を7時半に出発し、伊豆に向かった。
まだ桜を見足りない両親と共に・・・・。
まずはVitoを思い切り遊ばせようという事で伊豆高原の
Dog Forestのドッグパークへ。かなり広いドッグランだ。
犬用の温泉(?)もある(有料)。
ランの中に入れると、わ~~い!とばかりに走るVito。
イタグレは走っている時の姿が一番カッコいいし美しい。
以前どこかで「グレイハウンドの名に恥じない走りをする」と
読んだがまさにその通りだと思う。
その内、テリア種のワンちゃんが来て2匹で狂ったように走って
遊んでいた。時にはガウガウとやりながら。
色々と犬グッズを買いたいなと期待していたのだが、ここのショップは
ちょっと期待外れ。オヤツも購入せず。

その後、伊豆半島を下り横断し西伊豆へ。
Vitoはケージの中で爆睡だし、私もかなりの時間を睡眠に
費やしてしまった。 伊豆はやはり暖かいのだろう。
桜もほぼ、葉桜になってしまっていた。そのせいかそんなに人出もなく
渋滞もなかった。
伊豆半島をほぼぐるっとしたにも関わらず、7時前には帰宅。
両親は最後に桜が見れて満足のようだ。
そしてVitoも沢山走れて満足しているようだ。


わ~~~~い!! (By Vito)
IMG_1977.jpg



ひゃっほ~~い!! (By Vito)
IMG_1979.jpg



楽しいよ~~~!! (By Vito)
IMG_1980.jpg



遊ぼう! 遊ぼう! (By Vito)
IMG_1982.jpg



伊豆高原駅近くの桜のトンネル
IMG_1983.jpg



黒澤明監督の映画「夢」のような景色
IMG_1985.jpg

2007.04.07 Sat l 未分類 l COM(4) TB(0) l top ▲
ちょっと先週末の話題になってしまうのだが、土曜日に友達の
結婚式&披露宴に行ってきた。

久々に都心まで慣れないヒラヒラドレスにパンプスで行ったのだが、
たまにはそういう緊張感も良いかもしれない。
いつもジーンズにぺたんこ靴ではダレてしまう。

元同僚の友人なのだが、以前から一緒に沖縄に何度か行ったり
相談にのったりのって貰ったりで、そういう友人の結婚は本当に
嬉しい。 特に彼女とは沖縄帰りの羽田空港でちょっとした
行き違いから「大喧嘩」になり、そろそろ最終電車という時に
喧嘩をした事をきっかけに、もっと仲が良くなったので
非常に感慨深い。
そして大人になってちゃんと声に出して喧嘩をしたのってアレが初めて
だったと思うので、良い思い出だ。

結婚式&披露宴に参加するのって大好きだ。
友人の晴れやかで幸せそうな笑顔を見れるし、自分が知らなかった
友人の一面を親族の方や他の人達を通じて知る事が出来る。
そして友人が選んだ生涯の伴侶にお目にかかる事も出来る。
新郎新婦から流れてくる「幸せの風」。
私もその風を受けて幸せな気持ちになれる。
そして初心にかえる事が出来る。

結婚はゴールではない。
色んな「ビックリ」が当たり前のように起きたりする。
そんな時、結婚式&披露宴を思い出してまた初心にかえれたらと思う。

幸せそうな、そして楽しそうな新郎新婦を見る事が出来る日が
私は大好きである。
2007.04.06 Fri l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
日曜日に実家に来てからVitoは父ちゃんがいないと感じている。
3月上旬から約3週間長期休暇で家にいた為に、余計いない事が
感じられるのだろう。
本気でかまってくれて、明け方は添い寝をしてくれて、Pee(オシッコ)
をした後はお腹や足をウェットティッシュで拭いてくれる
父ちゃんがいない。夜は父ちゃんの太鼓っ腹の上に寝る事が出来ない。
「オスワリ」「マテ」と言ってイチゴをくれる父ちゃんがいない。
Vitoは本当に父ちゃんっ子で、DOXのオーナーさんにも「Vitoくんは
本当にパパさんが好きだね!」と言われた。
でもねVito、それは母ちゃんも一緒。
父ちゃんがいなくて寂しいんだよ。Vitoもそうだろうけど、父ちゃんが
いなくて気付く父ちゃんの凄さ、優しさ、寛大さ。
父ちゃんにもっともっと優しく、大きな心で接しないといけないよね。
もっともっと普段から「ありがとう!」という感謝の心を
声を出して伝えないと。Vitoは「ありがとう!」と態度で示して
あげないと! 父ちゃんが戻ったら二人で実行しようね!


相変わらずストーブの番人、Vito
IMG_1970.jpg



眠いよ~。I am so sleepy (By Vito)
IMG_1971.jpg


Daddy~~(By Vito)
IMG_1972.jpg

2007.04.03 Tue l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
今日は横須賀ベースの「日米親善さくら祭」へ。
両親は道路の混雑を見込んで早く家を出てきた為、8時半には
我が家の近くに着いてしまった為、どこかで時間を潰して貰った。
後で聞くと優雅に観音崎京急ホテルでコーヒーを飲んでいたそう。
Vitoも2週間ぶりにじいじ、ばあばと再会で興奮していた。
見知らぬ人には近寄らないVitoだが、やはり両親は「ファミリー」と
思っているようだ。

そして旦那の車で皆(Vitoは留守番)で出掛けた。
やはり、今週末が山場だし天気が最高に良かったので凄い人出だ。
そしてなんと言っても日本人の中には平安の時代から「儚いもの」
への強い思いがちゃんと受け継がれているようで、どうしても
桜への思いは強いらしい。そういう私もやはり桜を見ないと
気が済まないし、秋は紅葉で時には京都まで行ってしまう。

ベースの中は本当に桜が多い。メインストリートは桜並木だし、
他の場所も結構桜がある。 日米親善とあって色々な屋台やら
パフォーマンスが繰り広げられるのだが、凄い人だ・・・・・。
屋台で食べ物を買うには行列が凄いので、別の場所でピザを買い
皆で頬張った。 たまにはこういうランチもありだ。
Vitoも連れて来たかった・・・・・。
犬連れの人達が時折いたので、私はいちいち近づき「触って良い?」
と聞いて触らせて貰った。ピットブルにも触った。
時々旦那の同僚や上司や友人に会うので挨拶を・・・・・。
意外と、こういうのは人見知りな為苦手である。

その後旦那はそのまま職場へ。
私達は歩いて駅まで行って我が家へ。
そして今はじいじとばあばの家にいる。

何故か今回はやけにVitoが車の中でピーピー鳴いていた。
そして実家に着いても「一人いない」事がわかっていて、
ウロウロしていた。 やはりVitoはパパっ子だ・・・・・。


IMG_1963.jpg


サクラ
IMG_1964.jpg


Police dogだって遊びたい!
IMG_1965.jpg


さくら
IMG_1966.jpg

2007.04.01 Sun l 未分類 l COM(5) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。