上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
昨日Vitoは去勢手術の為に獣医さんの所に泊まりだった。
午前中に獣医さんに連れて行き、一通りの説明を受けた。
以前獣医さんに「イタグレは麻酔に敏感だと読んだ事がある」と
私が言った事があったので、万全の準備を整えてくれた。
なので私も両親も安心して預ける事が出来た。

と言いつつもVitoを届けて自宅に戻ってから夜獣医さんから
連絡が入るまで、ずっと母と「大丈夫かしら」「鳴いてないかしら」
「痛くないかしら」と話をしていた。
父も仕事中に「Vitoは無事か?」と電話をしてくる始末。
旦那もメールでVitoの様子を聞いてくる。
夜、ようやく獣医さんから電話があり無事手術が終わった事を
報告された。ただ手術後吐いてしまったようなので絶食をさせ、
点滴を打っているとの事。夜もちゃんと容態を見ますと言って
貰えた。 

Vitoが我が家に来てから長時間の留守が出来なくなったし、
行く所も限られたりしてたまにはゆっくりしたいなあ・・・と
考える事もあった。 なのにVitoがいない夜がとても寂しく、
部屋の中がガラ~ンとしたように感じられた。
たった一晩なのに、「あのやんちゃ坊主がいないんだ」と思い、
ソファに寝そべるVitoを思い浮かべたりした。
Vitoを迎えて4ヵ月半。あの小さいやんちゃ坊主は家族の中心を
占めていて、かけがいのない存在になっていた事を認識した。

そして今日朝イチでVitoを迎えに行った。
去勢と共に自然には抜けなかった乳歯2本も抜いて貰って、
記念に頂いた。 そしてVitoと対面。
エリザベスカラーを付けられ、心なしか痩せて見えてしまった。
それでもVitoは私の顔を舐めまくって喜んでくれた。
朝、散歩にも出して貰えたようで獣医さんには本当に感謝している。
そして最後に一言。「取ったモノ、見ます??」
一瞬「取ったモノ」とは何?と分からずキョトンとしてしまったが。
流石にお断りをした。

家に着いてVitoも安心したようで、ぐっすり寝ている。
エリザベスカラーが不便そうだったので、母と考えた結果、
出来上がったのが首長族のような物。ティッシュペーパーの
空き箱で作ってみた。

Vito、お疲れ様でした。


Daddy, I am home now!!
IMG_1852.jpg



IMG_1854.jpg

スポンサーサイト
2007.02.27 Tue l 未分類 l COM(10) TB(0) l top ▲
今日は家族総出で湯河原の梅園へ。
遅く行くと駐車場が入れない!と言う母に従って朝8時半に出発。
1時間程で湯河原に着いたが既に駐車場を待つ車の渋滞に
はまってしまった。 大きな観光バスも続々と来ている。
それだけでちょっとうんざりしてしまった。
駐車場待つ事約1時間。ようやく車を降りる事が出来た。

公園内は犬OKなのでVitoにリードを着けて歩かせた。
風は冷たいが日が出ていれば暖かいのでVitoも興奮気味であった。
足取りも軽やかに歩く。と、すれ違う人々先行く人々皆Vitoを見て
何かを言うのである。大体が「わ~!変わった犬!」である。
「見て見て~。変わってるよ~」等々。
そういうのは無視。聞こえなかった振りをする。

その内おじさんおばさん達の団体さんに取り囲まれてしまった。
ある人はいきなり「ちょっとワンちゃん、写真撮るから座って」と
言っていきなりVitoの写真を撮っていた・・・・・。
四方八方から手を出されたり、声をかけられたりでVitoも中腰のまま
「イタグレポーズ」を取って固まってしまっている。
取り囲まれてるので私も動きようがない。
あるおじさんが聞いてきた。
お「どこの犬?外国のじゃろ?」
私「イタリアングレイハウンドっていう種類です」
お「あ~イタリアかね!イタリアでわざわざ買ったんだ」
私「い・・いえ、日本のペットショップで・・・」
お「高いじゃろ~!?いくら?」
私「いや・・あの値段は・・・」
お「え?40万?いやいやこれは100万は下らないよ!」
という事でVitoはその団体さんの中では100万円という破格の値段が
付けられてしまった。
しかし、写真を撮る時は一言あっても良いのではないだろうか?
困惑するVitoと私を遠巻きに見ていた両親はひたすら笑っていた。

その後も「変わった犬~」「洋服着てる!」「洋服を着せるのは
飼い主のエゴだ」という声を無視し続け「カワイイ~」「キレイ
な犬~」「見させて貰っても良いですか?」という人達にだけ
私も笑顔で答える事にした。

そんなこんなでVitoもかなり気疲れしたようで、車に戻ったら
自分からケージの中に入って寝てしまった。

そういうVitoも明日はいよいよ去勢手術である。
初めて獣医さんの所でお泊りだし、今日は思い切り遊ばせて
あげたかった。かえって疲れさせてしまったかな?


IMG_1847.jpg



IMG_1848.jpg



IMG_1846.jpg



IMG_1849.jpg

2007.02.25 Sun l 未分類 l COM(10) TB(0) l top ▲
今、私と旦那の唯一の連絡方法はメールのみ。
そのメールもサーバーダウンがあれば使えないし、かなり時差が
生じてしまう事も多々ある。
お互いにパソコンの前にいてメールのやり取りをして、色々と
連絡しあう事も可能なのだが、大事な用件の返事を聞きたい時に
限ってメールに時差が生じたり、ヤキモチが絶えない。
まあ、メールすらなかった時代もあったわけだから、文明の進化に
感謝をすべきだろう。そんなこんなで、長期休暇が取れるのであれば
どこかに行こうという計画すらメールでのやり取りになり、
聞きたい返事が聞けなかったり、抜けたりともどかしい思いを
している日々である。

そんな中でもVitoの話題は絶える事がない。
「いい仔にしているか?」「何をしているか?」「ちゃんと
食べているか?」等々。
一度、冗談でVitoを職場のマスコット犬にしてはどうだろうか?と
旦那に言った事がある。一番上の上司の部屋に寝泊りさせて、
何かあればVitoも参上させると。
その話を同僚にしたところ、たまたま別の上司が聞いたらしい。
当然の如く、笑い飛ばされて終わったとの事。
しかしながら、同じ職場内に着実に密かなVitoファンが
増えているらしい。 ある犬好きの男の子はVitoを一度職場に
連れて来い!と言って聞かないらしい。
なので、彼らが戻ってきたら一度Vitoを連れて行こうと思っている。
その男の子も味気ない所でVitoを見て、アメリカの実家にいる
ワンちゃんを思い出してくれれば良いし、きっと笑顔になってくれる
であろう事を信じて。
武骨者達が集まる職場で目指せマスコット犬Vito!である。


義弟のチワワ。プエルトリコ生まれのワンコはやはり
ラムが好き!?!?  しかし私達がNYへ到着した翌日心臓発作で
死んでしまった。15歳。一目でも会えて良かった。
名前はPito。Vitoと双子のような名前である。
IM000390.jpg

2007.02.22 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
今まで沢山Vitoの為に洋服を買ってきた。
成長過程にも関わらず「ちょっと」大き目を買ってすぐに
着れなくなってしまったり、大丈夫だろうと思って買っても
いざ着せてみると小さかったり。
明らかに小さかった物は実家のご近所のチワワやミニチュアダックスの
飼い主さんにあげたりした。
だけど、何度か着て小さくなってしまった物はどうすれば
良いのだろうか? 捨てるべきか洗って誰かにあげても良いものか!?

大体ペットショップで売られている洋服は、一般的なワンちゃん用に
作られているから首が長くて背中が少し丸くなっているイタグレには
合わない。合わないとわかっていて買ってしまう。
アメリカで買ってきたセーターもイタグレには合わなかった。
は~。どれだけ無駄遣いしてきた事か!!

やはりイタグレにはイタグレ用(ハウンド用)を購入すべき!
という事で色々ネットで調べた。
以前購入したグレーのホームコートはハウンド用なので、Vitoにも
ぴったりだった。 そして今回購入した物はあらかじめVitoのサイズを
お知らせするので、ハーフオーダー(?)のような感じだった。
今日届いたので早速試着。 Vitoは洋服を着るのが嫌いなので
寝ぼけてる隙に母とチームワークで着せてみた。
ぴったり! 今度からちゃんとハウンド用のサイトで買おう。


似合う?? Look good!? (By Vito)
IMG_1842.jpg


バアバの腕の中は気持ち良いな~。
I like to be in my grandma's arms (By Vito)
IMG_1843.jpg

2007.02.20 Tue l 未分類 l COM(4) TB(0) l top ▲
今日は母と横浜へ買い物に行ったついでに、パシフィコで
行われていたドッグショーを見てきた。

入場料を払って会場に足を踏み入れた途端、母も私も「わ~!凄い!」
「うお~!あの素敵な犬を見て!」と興奮してしまった。
母はプードルが好きなので、プードルを見るとすかさず近寄る。
特にスタンダードプードルが素敵だった。
Vitoの前の犬がミニチュアプードルだったので、母も私も暫く
思い出話をしてしまった。
いつもは写真でしか見た事がないような犬がわんさか!
私は特に大型犬を見て興奮してしまった。
ボルゾイ、アフガンハウンド、グレイハウンド、ドーベルマン等々。
ドーベルマンは某カリスマ獣医さんが以前、「ドーベルマンは
犬界のフェラーリ」と言っていたが、まさにそんな感じであった。

ハンドラーと歩く犬はどの犬も人間のモデルのように、注目を
される事に慣れているような感じで歩き方も自信が漲っていた。
いやあ、犬にも自信を持たせるって大事な事なんだな。

その内にイタグレを連れた方達がいて、母は無礼にも話しかけていた。
「この仔は何歳?」「家の中でイタズラする?」「洋服は大人しく
着せる?」と、唐突に・・・・・。
そして最後には「家の仔もイタグレなんだけど、なんだか大きくて
目が小さいのよ」と言っていた。
Vitoの名誉の為に言う。Vitoは大きすぎないし、目だって小さくない!
ちょっとオリエンタルアイだけど、聡明な目ではないか!?
Vitoも連れて来れば良かったなあとちょっと後悔。
旦那もいれば、きっと来たがっただろう。

犬用グッズのブースも沢山出ていて、じっくり見たかったが
せっかちな母のせいでゆっくり見れず残念。
次回はもっと時間をかけたい。
ステッカーとキーホルダーを購入。キーホルダーはイタグレは
売り切れだったのでウィペットを購入した。
携帯ストラップも欲しかったのだが、Vitoのカラーが無かったので
これは止めておいた。

家に帰ってVitoを見た。
Vito、母ちゃんにはVitoが一番に見えるよ!
いくらお前が悪ガキ小悪魔であろうとも!


IMG_1837.jpg

IMG_1840.jpg

2007.02.18 Sun l 未分類 l COM(4) TB(0) l top ▲
何度も同じ事を書いてしまうが、実家はとても日当たりが良い。
冬でもリビングは午前中10時頃から午後3時頃までサンサンと
日が当たる。なので、カーテンを開けてVito用のブランケットを
敷くとVitoは日中大体その陽だまりの中でウトウトとしている。
たまに起きて水を飲みに行ったり「遊ぼうよ~」と来るが
すぐに、ブランケットの上にゴロンとなる。

横須賀の家は日当たりが悪い。
なので朝からヒーターは欠かせないし、Vitoが陽だまりの中で
ゴロンなんて出来ない。寝る時はソファの上で寝ているがヒーターに
よる人工的な暖かさの中では、そんなに気分的にリラックス
出来ないようである。 なので午前中からハイパーになったり
落ち着きがない。

なので実家にいるとまるで「犬」が違ったかのようになる。
両親は「本当に手がかからなくて良い仔だ」と言うのだが、
一度横須賀での様子を見てもらいたいものだ。
実家にいると、きっと私自身ものんびりしてVitoに対して
キリキリとしないので、それもVitoに伝わるのかもしれない。
実のところ、ここ暫くまた「躾けノイローゼ」気味になったりして
横須賀では良く泣いたりしていた。
旦那の言う事は聞くのに、私の言う事は全く聞かなかったりしていたのだ。 
日中はVitoと二人だったので、自分の気持ちのやりどころがなかったりで、
いっぱいいっぱいになっていた。

実家にいて、両親と話したり陽だまりの中にいて気持ち的に
余裕が生まれた。
きっとVitoもそうだろう。 暖かいお天道様の日差しを体一杯に
受けて気持ちよく眠る事が出来る。
本当にお天道様は大切な存在だ。

本当は横須賀の方も日当たりの良い家に引っ越せれば良いのだが、
旦那の仕事の契約の関係で、8月くらいまで不可能なので
Vitoには本当に申し訳ないが、もう少し辛抱して貰うしかない。
ごめんよ、Vito・・・・・。


近所の菜の花畑は満開! Vitoも鼻をヒクヒクさせていた。
IMG_1807.jpg


眩しいよ~ Ah, I am in the sun! (By Vito)
IMG_1826.jpg



Daddy!! I am a good boy here! (By Vito)
IMG_1833.jpg


Don't disturb me, please (By Vito)
IMG_1832.jpg

2007.02.16 Fri l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日は朝から小雨の寒い日だった。
午前中、実家の近くの室内ドッグランにVitoを連れて母と出掛けた。
家から車で10分程だし、室内だしキレイだしとても気に入っている。

到着した時はなんとまだ誰もいなくて、貸切状態だった。
Vitoも何度か来て匂いを覚えているせいか、一人でも走っていた。
お友達がいなくて残念だね~なんて母と話していたが、その内に
ボーダーコリー君がやってきた。
体が少し大きいので大丈夫かな?とVitoの様子をみていたが、
なんといっちょまえに自ら走って近づき、吠えながら「遊ぼう!」と
挑発している。 ボーダー君は落ち着き払ってVitoを観察するものだから益々Vitoは挑発している。 なんと成長したものか!
こんな大きなワンちゃんに自分から「遊ぼう!」と言っている。

その内ボーダー君と目にも留まらない速さで追いかけっこが始まり、
ボーダー君の飼い主さんと笑いあってしまった。
まだ1歳ちょっととの事で元気が良い。やはりボーダー君は生後
半年の頃訓練学校に暫く通ったとの事。飼い主さん曰く「長い年月を
共にする事を考えたら、数ヶ月の訓練学校は必須だと思った。
お陰でこの仔を怒った事がない」と・・・・・。
幸せなボーダー君である。
ちょっと哲学者のような思慮深い目をした、とても穏やかな仔だった。
Vitoも自分より小さい仔達より、体は断然大きくてもこういう
穏やかな仔達の方が気が合うようだ。
やはり未だにチワワとかミニチュアダックスには近づけない。

Vito、それにしても今日は良く遊んだね!
ボーダー君もどうもありがとう!

ボーダー君を追いかけて。Following border collie
IMG_1821.jpg


友達だね! We are friends, are't we?? (By Vito)
IMG_1823.jpg


あ~疲れたよ。Awwww...I am very tired today (By Vito)
IMG_1815.jpg

2007.02.14 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日はBlogをリンクさせて貰っているboraborasweetちゃんと
久し振りに横浜で会った。彼女とは元同僚という関係。
ネイリストさんとしての資格を持っていて本当に羨ましい!

中華街でご飯を食べた後、元町へ。
元町は月曜日お休みなのだが、今日は振り替え休日という事で
殆どのお店がやっていた。(良かった)
元町でVitoの為のシッカリしたカラーが欲しかったのだ。
予めネットでみていたので、買いたい物はすぐに見つかった。
ただ、欲しかった黒が品切れとの事だったので、オーソドックスな
薄茶を購入。内心高いな~と思ってしまったが、Vitoの首も
段々長くなり今までのカラーだと、首の毛とかを痛めないか
ちょっと心配だった。

その後お茶をしてgirl's talkに花が咲いたわけだが、気付いた時は
もう外は暗かった。
boraborasweetちゃん、楽しかったよ。また遊ぼうね!

これを購入!
IMG_1800.jpg



やはりVitoの毛の色とマッチしない・・・・
the color doesn't match to Vito's body....
IMG_1805.jpg



Mommy, please don't take picture!! I am SLEEPY!!!
IMG_1801.jpg

2007.02.12 Mon l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
昨日の「ブランチ」から絶食をしていたVito。
今朝硬めのウンチが出た。獣医さんに「朝電話を下さい」と
言われていたので電話をした。ウンチの件を話したら「う~ん。
ウンチ出ちゃったんだ・・・。本当は出なかったっていう報告を
聞きたかったんだよね。ウンチが出たって事はまだ腸が休まって
いないから出てるんだよ」と言われた。なるほど。
という事なので夜までウンチが出なければ、通常の3分の1の量を
お湯でふやかして食べさせるようにとアドバイスを頂いた。
昨夜、栄養剤を打っているので、いつもと変わらない元気さ。

やはり、Vitoは実家にいる方が落ち着いているようだ。
日中非常に日当たりが良いので、そこに寝ていられるからだろうか?
それとも人がいるからだろうか?
散歩も実家の周りの方が引っ張り癖がない。
田舎道で車がないからだろうか? 横須賀では国道沿いを歩くので
車の騒音も酷いし、歩道も自転車がよく通る。
しかし、なかなか車が通らない道というのがないのが現状。

夜まで無事にウンチは出なかったので、フードを与えた。
いつもより全然少ない量なのであっという間に食べ終わり、
「へ!?もうないの?」っていう顔で私を見上げたりしていた。
ごめんよ、Vito。 君の腸の為だから我慢するんだよ!

そしてお気に入りのホットカーペットの上でスヤスヤ寝るVitoであった。

日向で気持ち良いな~~
I feel sooooooo good in the sun! (By Vito)
IMG_1798.jpg


Daddy, I had dinner a little bit finally!! (By Vito)
IMG_1799.jpg

2007.02.11 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日からVitoとまた実家暮らしが始まる。
木曜日から今日のお昼まで横須賀にVitoと二人でいたのだが、
木曜日の夕方からウンチが軟らかくなり、夜叱った時に下痢に
なってしまった。前回もそうだったので、また添い寝をした。
金曜日の朝、やはりまだ軟らかいので薬を買いに行こうと、近所の
ドンキホーテへ。しかし置いてなくて一旦帰宅。
横須賀中央のペットショップに電話をして、薬があるか聞いてから
今度は電車に乗って買いに行った。
その時に免許がない辛さを痛感。車はあるのに、免許がないが為に
Vitoを獣医さんに連れて行けない。
取り敢えずその薬でその日の夜は少し硬くなった。

が、今朝再び下痢。しまいには血が混じった粘膜に変わってしまった。
脱水症状にならないように、水を強制的に飲ませる。
それでも元気なのは普段と変わらずボールで「遊べ~」とせがむ。

両親が迎えに来てくれて、そのまま実家の近くの獣医さんで
診てもらう。 下痢をした時は絶食なんだそうだ。
私は粘膜になってしまったので、何か食べればウンチ化するであろうと
素人判断をしてしまった・・・・。
ごめんよ、Vito。
それで皮下点滴を打って貰った。終わった後は水分が皮下に
入っているので、背中は大きい膨らみが。
ラクダと同じ状況なんだそうだ。 毛が無い分余計目立ってしまう
との事。 それにしても随分醜い姿に・・・・・。
点滴を打たれる時、鳴かなかったVito、偉いよ!!

今夜、そして明日の昼まで断食中のVitoである。


肩から背中が膨らんでしまっている。
From shoulders to back, it is swollen
IMG_1793.jpg


Daddy!!! I am ok now. I am with grandpa and grandma!
Don't worry too much but I miss you....
IMG_1795.jpg

2007.02.10 Sat l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
今日はとても暖かかったので金沢八景のドッグランに行ってみた。
家から車で大体30分。着いてびっくり。
シーサイドラインの高架下を柵で囲ってあるだけのドッグラン・・・。
まあ、タダだし・・・・。でも石ころゴロゴロだし。
取り敢えず、Vitoを中に入れた。

白いミニシュナちゃんがいて、Vitoに挨拶に来てくれたら
Vitoも尻尾を振り振り、すぐに一緒に遊びだした。
その内、いろいろなワンちゃんが来て、Vitoも嬉しそうだった。
今日はあまりオドオドする事なく自分から他のワンちゃんに
近づいている。 あまり吠えるワンちゃんがいないからかもしれない。
実に友好的なワンちゃんが多かった。
ミニチュアピンシャーと全速力で追いかけっこをしたり、
いっちょまえに柴ちゃんを挑発したりしている。
どのワンちゃんも楽しそうで、見ている私達も楽しかった。
今日は初めて「ウィペットですか?」なんて聞かれた。
ウィペットにしては小さかろう!!
段々ワンちゃん達も増えてきて、さすがにVitoも疲れたのか、
色んな子達がいて混乱してきたのか、私達の足元にいるようになった。
なので、ドッグランを出て人口浜へ。
この陽気のせいか、潮干狩りをしている人達も結構いた。

ドッグランの後はベイサイドマリーナへ。
私達は殆ど動いていないのに、帰る頃にはかなりグッタリ。
父ちゃんも母ちゃんもそう若くはないからなあ・・・・・。

でも走っているVitoを見て、とても幸せな気持ちになれた。
もっともっと色々な所に連れて行ってあげたい。


IMG_1787.jpg

IMG_1790.jpg

IMG_1792.jpg

2007.02.04 Sun l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
今日でVitoは生後6ヶ月を迎えた。
人間で言うと9歳。 まだまだやんちゃ坊主の年齢である。

このブログを始めてから、正直Vitoはあまり成長していない。
体はアメーバのごとく大きくなり、体重は5キロを超えてしまったが
精神年齢が追いついていかない。
相変わらずガウガウと向かってくるし、落ち着きがない。

昨夜など、旦那が夜勤でいなかったのでVitoと二人の夜だったが
11時頃いきなりムクっと置きだして、部屋中走り始めた。
夜中近くに走り狂う犬がどこにいるのだろう!?
思わずかなりキツく叱り付けたら、いきなり自分のトイレに
走って行って下痢をしてしまった・・・・・。
当てつけなのか、繊細なのか・・・・・。
脱力のあまり、それ以上怒る気にはなれず、添い寝をしてあげた。
そう、一晩ソファの上で寝たのである。 夜中目が覚めて横を見ると
Vitoの寝顔(しかも仰向け)が私の顔にピタっと張り付いていた。

こんなVitoだが病気もせず元気過ぎる程元気に半年を迎えた。
母曰く、私は少し神経質過ぎるようだ。
もう少し大らかに育てないと、Vitoも大らかにならないよと。
確かにそうかもしれない。 私ももう少し大きな心でVitoを
受け止めてあげないと・・・・・。

父ちゃんも母ちゃんも頑張るからVitoも頑張っておくれ!


オスワリ!!
IMG_1779.jpg


やっぱり父ちゃん子!
IMG_1782.jpg


父ちゃん子で何が悪い?? (By Vito)
IMG_1785.jpg

2007.02.03 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
時々「俺様」的なオトコがいる。
なんでもかんでも世界が自分中心に廻っていると思い(信じ)、
「俺ってさ~」的な会話が始まる。
周りの人が眉間にシワを寄せようとも、そんな事は気にしない。
自分の周りの人間は自分だけの為に存在し、何かをしてくれると
信じてやまない。 しかも、悪意がない場合が多い。
だから手に負えない。そういうキャラを演じているのであれば、
周りの人間が少しずつ注意をすれば「ああ、俺って自己中な
奴なんだ・・・・。皆に迷惑をかけてるんだ・・・・」と遅かれ
早かれ気づく筈。
私の周りにもいる。「俺様」的オトコ。
一緒に寝ていても「俺様」。自己主張が激しい。
しかも、天然ときてる・・・・・。きっと直りようがない・・・・。
絶望的である・・・・・。


「俺様」的オトコ
IMG_1773.jpg


ジャマすんなよ!とばかりに反り返る
IMG_1772.jpg


ふっ・・・俺の寝顔に見惚れてるのかい??(By Vito)
IMG_1777.jpg

2007.02.01 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。