上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
VitoはDaddy(旦那)が大好きである。
私と過ごす時間の方が長いのに、旦那を自分のご主人様、私を
単なる友達と思っている節がある。
まあ、大体どこの家庭でも男性の方がワンコのご主人様になる
確立は高いだろうという事で自分を納得させている。

旦那は大体4時半~5時には帰宅するので、それからVitoの
プレイタイムが始まる。ボールをわざわざ持ってきて
「遊んでくれよ~」としつこくせがむ。
リビングとダイニング間をボールとVitoが激しく行き交い、
絨毯はVitoがスライディングした足跡でいっぱいになる。
夕ご飯が終わって暫く経つと、お休みタイム。

トドの親子が2匹、ソファの上で仲良く寝ている。
起すと、コワイコワイ。
私はその横で一人TVを観る。そんな毎日である。


暮れにベースのオンラインショップで注文したのがようやく届いた。
IMG_1770.jpg


眠いからそっとしておいてくれないかな!?(By Vito)
IMG_1771.jpg


夢の中・・・・ムニャムニャ
IMG_1769.jpg

スポンサーサイト
2007.01.30 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
実家滞在最終日、近くのインドアドッグランに行ってきた。
10時~13時までは全犬種なので、ちょっと不安ではあったが・・・。
着いてみると、5,6匹のジャックラッセルテリアのグループが。
Vitoがサークルの中に入ると、一番小さいジャックが挨拶に
来てくれた。しかし・・・・例の如くシッポを股間に入れて
腰を落としてしまうVito。オドオドする様子が皆の笑いを誘って
しまい、母が「この仔、怖がりで・・・」と言い訳をしていた。

ジャックラッセルはあまりに元気が良くて、初心者には飼い辛いと
聞いていたが、確かに体が小さくても凄いパワーである。
それに心なしか、気も強そう。しかしあの小さい体でフルスピードで
走る姿が非常に可愛かった。

そうこうするうちに柴犬がやってきた。穏やかそうな雰囲気の
飼い主さんと柴ちゃんで、Vitoも興味を持ったようで自分から
近づいていた。 お互いに挨拶を済ませると、犬語で何か会話を
交わしたのか、2匹狂ったように追いかけっこを始めた。
もうVitoは全身全霊で走りまくり、柴ちゃんもそれに付き合う。
周りの人達も「さすがイタグレ、早いですね~!」と感心していた。
いや、飼い主の私もびっくりな程嬉々として走っている。
柴ちゃんも楽しそう。途中で止まってはお互いを挑発しあっている
ところをみると、ちゃんと2匹で会話をしているようである。
飼い主さんによると、柴ちゃん、1歳だそうでコタツが大好き
なんだそうだ。 人間に相性ってあるように、犬にもこんなに
相性が合う、合わないがあるんだ!

ドッグランの利用時間は1時間なのでそろそろ帰るよ!とVitoを
促したところで、無視される。余程楽しいのだろう。
一緒に遊んでくれた柴ちゃんと飼い主さんにお礼を言いドッグランを
後にした。 また来ようね、Vito!
カメラ持参で行ったのだが、2匹とも早くてモヤ~っとした影しか
写らなかった・・・・・

帰宅後、お風呂に入り日向で寝るVito。
IMG_1763.jpg


それでも夜パワー復活。「遊んでくれよ~」とウルサイ。
IMG_1764.jpg


ジイジの布団で寝るのも今夜が最後だよ、Vito!
IMG_1762.jpg

2007.01.27 Sat l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
日曜日からまたVito共々実家のお世話になっている。
Vitoは知らない人には警戒心が強い・・・というかただ単に
怖がりなのだが、やはり両親には体中で会えた嬉しさを表す。
そりゃそうだろう・・・・散々お世話になっているのだから!

実家のリビングは日中サンサンと日が当ってとても気持ちが良い。
Vitoも十分承知なので体を思い切り伸ばして寝ている。

私達は3年前に14年間飼ったプードルを亡くし、暫くはペットロス
から立ち直る事が出来なかった。両親は「犬が欲しい」とは
思っていても自分達の年齢や前のプードルの事を思うと、
犬を飼う事は今後一切しないとの事。
なので、時々Vitoが来ると大変な反面楽しいらしい。
2人共「もうVitoは眠いんだから構うな!」と言いつつも「Vito~」
「Vito~」と興奮させる。
家族の団欒がVito中心になる。
Vitoもジイジやバアバは甘やかしてくれるから大好きなようだ。
しかも家は広いし、日が当るしかなり気に入っている模様。
お正月、私達夫婦が旅行から戻ると両親は「これからVitoがいなくて
寂しいなぁ」と言っていたので、冗談で「このままVitoをここに
置いて行こうか?」と言ったら「いや、それは結構」と即答だった。

Vitoよ、ジイジもバアバもお前の相手は出来ないそうだよ!


バアバの膝の上で気持ち良いな~(By Vito)
IMG_1756.jpg


ヤドカリVito。 ハウスが崩壊しそうです!!!
IMG_1760.jpg


気に入ってくれたようで良かった!!
IMG_1759.jpg

2007.01.23 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
Vitoもあと少しで生後半年を迎える。
2ヵ月半で我が家に来て、あっという間だった。

その間、Vitoはまるでアメーバの如く成長した。
鼻面は長くなり、パピーの頃のような丸みがなくなった。
耳はローズイヤーになって、以前のように三角形が額の上でヒラヒラと
いう事もなくなった。年末から乳歯が4本も抜けた。
最初に買った洋服も着れなくなった。
ペットショップでちょこんと座っていた、まだ名前もなかった
Vitoを見たのはつい最近のような、遠い昔のような。

それでもVitoの「中身」は相変わらずだ。
世界は自分中心に動いていると信じている。
自分が遊びたければ、他人なんてお構いなしに「遊べ~」と
しつこい。 自分が眠たければ勝手に寝る。
全てが興味の対象になり、外に行けば怖い物だらけである。
未だ「加減」を知らず悪ガキぶりは初期と変わらない。

ほとほと困り果てても、夜ソファーに座っている時など
寄り添ってこられると私も旦那も自然と目尻が下がる。
夜、お互いにイライラしたままベッドに入っても、朝Vitoを見れば
2人共自然にVitoを見て笑い合える。

Vitoが我が家に来て色々な変化があった。
2人だけの長時間の外出がままならなくなったけど、Vitoと共に
行動するにはどうすれば良いのか考えるようになったし、
喧嘩しそうになってもVitoの世話の為に自然と笑いがこぼれるように
なった。 そしてお互いにフォローし合えるようになった。

最初は「犬は別にいてもいなくても良い」と思っていた節のあった
旦那であるが、今では仕事中も「Vitoはどうしてる?」と
メールをしてくる始末。 夜は大人と1匹、ソファの上に
仲良くトドの親子のように寝ている。
そういう旦那、「オスワリ」という単語を覚えてVitoにコマンドを
している。 最近ではVitoがお座りが出来るようになった事より
自分が「オスワリ」という単語を覚えた事の方が嬉しいのでは?と
思う母ちゃんである・・・・・


歯が抜けた!
IMG_1747.jpg


「オスワリ!!」
IMG_1749.jpg


寒さ対策に買ったハウス。それでもまだ寒い模様。困った・・・・
IMG_1752.jpg

2007.01.19 Fri l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
Vito、また振り出しに戻ったような状態である。
兎に角暴れる、人(私)を噛む・・・・・。
さすがに当てションはしなくなったが・・・・・。
なので、以前教わった事を実行したが効果なし。

構って貰いたい病なのだろうか?!?
私なりにボール遊びに付き合ったりしているのだが。
そして少し無視作戦もした。PCをしながら別室に私がいる間は大人しく
ソファに座ってTVを観たり、ウツラウツラしているようなので
そっと部屋に戻ると、ムクッと起き上がり再び「遊べ~」「構え~」
と相当にしつこくなる。

具合が多少悪くたって休ませてはくれない。

完全に舐められているとしか思えない・・・・・・。
かなり虚脱感を覚えてしまった。
そしてこういう時に限って旦那がいなかったりする。
昨日もVitoがあまりにヒドく、昨夜は旦那に八つ当たりして
しまったのだが、今夜は私とVitoだけである。

Vitoが話せたら!と切に思うのである。
2007.01.17 Wed l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
1月4日~13日までのニュージャージー旅行を無事終え、再びVitoとの
生活が始まった。実家では大変良い仔だった模様。
やはり毎日母に電話をしてしまった・・・・・。
なんと母は約10日程の間にVitoに「おすわり」を教えてしまった。
コツを聞いたら「忍耐よ」と電話の向こうで笑っていた。
母よ、あなたは素晴らしい!

アメリカにはペットの為の大型店が存在する。
モールの中にあったりするので、見つけると必ず覗き、Vitoの為に
オモチャやら洋服やらトリートを買うという親バカぶりを
発揮してしまった。しかも日本に比べて安いので尚更。
イタグレのカレンダーが欲しいと思っていたのだが、アメリカでも
見つける事が出来ずやむを得ず「グレイハウンド」のカレンダーを
購入。 写真上ではイタグレと全く変わらないので良しとする。
(本音をいうと、本当はグレイハウンドを飼いたかったのだが、日本
ではあまりいないし、家の大きさの事情もあるので諦めた)

ニューヨークでは昔移民が到着した地「エリス島」に行ったりして
「ここでヴィト・コルレオーネと命名されたんだね」と旦那と
話し、リトルイタリーでは「ドン・コルレオーネはここに住んでた
んだね」と訳のわからない会話を展開。
私の、映画「ゴッドファーザー」好きに火がついてしまった。

さて、無事(?)にVitoとの再会を果たしようやく横須賀に
戻ってきたのだが、Vitoは相変わらずの悪ガキぶり。
実家では「猫をかぶって」いたに違いない。
実家のリビングは日中日が良く当り、Vitoは気持ち良さそうに
寝ていたらしいが、横須賀の家は日当たりは悪いので可哀相ではある。
まあ、約10日も離れていたので「遊んで~」とせがまれて当然か。
しかし、ますます甘ったれになったような気がするよ・・・・。
Vitoや、あと2週間程で君は生後半年を迎えるのだよ。
吠える犬を怖がったり、チワワを怖がるのは止めようよ・・・・・。
今後の課題は「犬見知り」を矯正する・・・・である。


アメリカで購入、名札とカラー。名札はご丁寧にも
「Vito Corleone」とフルネームを入れ旦那に呆れられた
IMG_1737.jpg


思わず購入のトリート。箱の下のfor wild,crazy,unruly dogsに注目
IMG_1739.jpg


ペットショップで見つけたイタグレ特集の雑誌
IMG_1741.jpg


リトルイタリーで見つけた「The Godfather」のポスター
IMG_1743.jpg

2007.01.16 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
大晦日から今日まで実家にいる。
Vitoは非常に良い仔にしていて、オシッコを一度も失敗していないし
いたずらもしていない。
私達としては、良い仔にして貰わないと困るのである。

明日から私達は10日程旦那の実家のあるニュージャージーへと行く。
なのでVitoは両親に面倒を見て貰うのである。
両親はVitoの事が大好きではあるが、やはり不安な様子。
今までのプードルと違ってVitoのやんちゃぶりを知っているので
特に母が不安がっている。 ただ、ここ数日のVitoの様子を見て
以前1ヶ月実家にいた時よりも、大分落ち着いてはいるので
「Vitoは良い仔になったね~」と声に出して自分に言い聞かせて
いるようでもある。

Vitoは非常に甘ったれなので、私達も不安ではあるが少しは
Vitoにも独立心を持って貰わないと困る。
今は実家が近いので、両親のお世話になる事が出来るけれど、
これからはそうもいかない事が出てくると思う。
そういう時にVitoも少し慣れていないと・・・・・・。

Vito、良い仔にしているんだよ。
ジジ・ババを困らせるんじゃないよ!!
なんだか毎日アメリカから両親に電話をしてしまいそうである。

そして今日Vitoは5ヶ月を迎えたので、近所のモールで旦那が
Vitoの新しい洋服を購入した。
全く・・・・・親バカである。
2007.01.03 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願い致します!

31日に「民族大移動」が終り、今日は両親、旦那、Vitoで静岡の
親戚宅に新年の挨拶に。
残念ながら、富士山は雲で半分しか見えず・・・・。
途中足柄SAに寄り、そこのドッグランに行ってみた。
土が少しぬかっていたので、Vitoの足も汚れてしまった。
そこで会ったフレンチブルドッグちゃんと意気投合し、追いかけっこを
開始。 フレンチブルがかなり足が速くて吃驚した。
なんとなくイメージ的にのんびりしている感じがあったのだ。
2匹とも楽しそうに走っていたのだが、ふとVitoを見ると顔に
何かが・・・・・。 見てみるとなんとブルちゃんのヨダレが!
でもそんな事へっちゃらって感じで遊んでいたVito・・・・・。

そして東名を下り、親戚宅へ。
あまり長居はせずに富士五湖へ周る。
渋滞もなく、3時ごろに山中湖に到着。そこで「カーロフォレスト」
というペットと泊まれるホテルへ。
そこのドッグランを利用させて貰った。両親はカフェでお茶をし、
私達はVitoを連れて早速ドッグラン。中々の広さで地面は一面
ウッドチップなので、犬の足にも良さそう。
ボーダーコリーが2匹いて、Vitoは怖がるかと思ったが自分から
近寄って挨拶をしていた。そして3匹で走る走る!!
Vitoはどうやら大型犬の方が安心出来るようだ。
チワワは苦手な模様。 犬でも人間の子供のように「遊ぼう!
ねえねえ!」っていう感じで誘うのが面白い。
きっと犬語でそういう会話がなされているのだろう。
見ている私達も十分楽しませてもらった。
今度はこのホテルに泊まってみたい。

今日はVitoは沢山の友達が出来て、沢山走った。
犬がいると行動範囲が狭くなってしまう事も確かだが、犬がいる事に
よって、また別の新しい発見もある。
思いっきり走って、友達と遊ぶVitoを見て本当に私達も楽しかったし
笑顔を与えて貰った。

Vito、今年も宜しくね!

富士山が近くてちょっと寒いな~(By Vito)
IMG_1597.jpg


お友達だよね!? (By Vito)
IMG_1598.jpg


ねえねえ!走ろう走ろう!! (By Vito)
IMG_1624.jpg

2007.01.02 Tue l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。