上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
最近Vitoは心なしか噛み癖が治まってきたような「気」がする。
勿論ハイパーぶりに変わりはないが、噛んだ時に「ガ~~」っと
こちらが低い声で言うと以前のように強く噛まなくなった「気」が。
そう、あくまでも「気」である。
ここにコメントを残してくださる方々の暖かい応援に、いつしか
私もスコ~ンと力が抜けてかなり楽になった。
本当に有難うございます。(旦那が夜勤の時は緊張の夜を迎えますが
以前のようの泣かなくなりました~)

その反面、Vitoがやけに甘えん坊に・・・・。
眠い時は恐ろしいまでにスリスリと擦り寄ってきて、膝の上に
乗ろうとするし、ちょっとそこのスーパーに行こうにもただならぬ
気配を感じ取って金魚のフンのように支度をする私の後をついて
歩いてくる。ガラスのドアを閉めるとク~ンク~ンとやけに、涙を
誘うかのような哀れな声・・・・。(大した役者である)

悪ガキのくせに甘えん坊。ちゃんとした大人に成長してくれるかどうか
不安に思う母ちゃんである。

Vitoがいない!と探したらこんな所に・・・・
IMG_1518.jpg


新たなお気に入りの場所ですか??
IMG_1519.jpg


ソファにトドの親子が・・・・
IMG_1521.jpg

スポンサーサイト
2006.11.29 Wed l 未分類 l COM(4) TB(0) l top ▲
これは旦那がVitoにつけた名前である。
私の実家のソファの現状を見て命名。我が家ではこれといった物は
まだ破壊されていないが、油断も隙もない。
新聞紙をビリビリやトイレシートを破くくらいなら、片付ければ済むが
絨毯やらカーテンを破られたりしたら困る。
なので「ビターアップル」を時々スプレーしている。

Vito。最初に会う人には必ず名前の由来を聞かれる。
このBlogの最初に書いたが映画「The Godfather」の主人公、マーロン・
ブランド扮した「ドン・コルレオーネ」の名前である。
この映画は私の大好きな映画ベスト5に入ると言っても過言ではない。
Vitoくんよ、この映画に恥じない立派な犬になっておくれ・・・・。
(そもそも飼い主の手腕に懸かっているという現実は忘れて・・・・)

あまりの破壊魔に実家の母は「マフィアの名前なんて付けるから
こんなに凶暴なのよ!」という始末である・・・・。
2006.11.28 Tue l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
Vitoがいよいよお散歩デビューをした。
(金曜日にちょこっと散歩をしたのだが、本格的には今日)
家の近所の公園へ車で連れて行った。
最初海風が少し寒く、色々な騒音のせいでVitoはオドオドしてしまい
後ろ足がブルブル震えてしまっていた。
そのせいで通りかかった人が「あらあら、寒いのね!」と言って
通り過ぎて行った。 もう、何もかもがVitoにとっては新しいので
キョトキョトしていた。海のザバ~ンという音にへっぴり腰になり、
他のワンちゃんには噛みつかれそうになり・・・・。
段々音や地面の感覚に慣れてきたようなので、旦那と思いっ切り
全力疾走してみたら・・・・。あ~ら、Vito君!全力疾走!
この走りがイタグレの醍醐味なんだろう。本当はドッグランみたいな
所で走らせてあげたいけど、Vitoが飼い主の所に戻ってくる自信が
ないし、ドッグラン自体見付けられないのでしょうがない。

でも、その走りがカッコ良かったのか(笑)外国人の男の子が
ビデオに収めていた。 Vito、良かったね。
ただ、普段全力疾走する事がない父ちゃんと母ちゃん、思いっきり
疲れたよ・・・・・。

こ・・・こわいよ・・・父ちゃん・・・(by Vito)
IMG_1513.jpg


お、大丈夫そうかも!(by Vito)
IMG_1514.jpg


サルはいないけど・・・・猿島
IMG_1515.jpg

2006.11.26 Sun l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
昨日1ヶ月振りにVitoを連れて横須賀の家に戻ってきた。
約1ヶ月振りに家族が一緒になれた。
Vitoが私達の家族になって、3週間弱で旦那が長期いなくなったので、
正直、旦那の事を覚えてるかな?と心配になってしまったが、
心配無用だった。 キャリーから出て旦那を見るなりピョンピョンと
跳ねて腕の中に突進。 暫く興奮ぶりは収まらなかった。
旦那もVitoを見て「大きくなった!しかも鼻面が伸びた!」と
驚いていた。そう、体だけじゃなくて、悪さもパワーアップしたさ。
普段、日中は寝ているのにもう、興奮が収まらないVitoは殆ど
動き回っていた。

今朝早めに起きてトイレの様子を見て、私はまた寝てしまったのだが
その後Vitoがクークー鳴いているのに旦那が気付いて、一人ベッドを
出てソファでVitoと添い寝をしていた。
一人と一匹が仲良く寝ている様子をみて、とても嬉しかった。
しかし、Vitoが良いコなのは寝ている間だけなのだよ、旦那!
2006.11.24 Fri l 未分類 l COM(3) TB(0) l top ▲
Vito、3回目の訓練日である。
今日はまず、訓練士さんが片手にトリートを持ち、片手を広げて
Vitoに何が良い事で何が悪い事なのかを教えた。
Vitoはかなり長い間トリートが気になり落ち着きがなく、走り回り
訓練士さんの手からトリートを力で奪い取ろうとしていた。
そして、彼女が色々な方法でトリートをあげていく内に、Vitoに変化が。 彼女の前をウロウロとし出して低姿勢になってきたのだ。
そして遂に伏せをしてトリートを得る事を覚えた。
Vitoの後姿を眺めていて、本当にVitoなりにどうすれば美味しい物が
貰えるのか、一生懸命考えている姿が面白かった。
私も少しやったのだが、やはり「よし!」というタイミングが非常に
難しい。瞬時に言葉を発しないと犬は訳がわからず、その訓練自体に
飽きてしまうんだそうだ。でも、前回に比べて力加減は関係ないので
こちらも楽しめた。 ただ、まだ完全に私とVitoの関係は出来上がって
いる訳ではないので、まだまだ私が訓練をしなければいけない。

Vito、宜しくお願いします。

昨日からストーブをつけたのだが、Vitoは早速お気に入りの場所を
見付けたようである。

床の上でリラックス。 Relax on the floor
IMG_1501.jpg


上を「引き」で見ると・・・。And then.....
IMG_1502.jpg


Vito、その寝方で大丈夫!? Vito,are you ok with that???
IMG_1504.jpg

2006.11.20 Mon l 未分類 l COM(5) TB(0) l top ▲
私は自慢ではないが、スポーツをしない。
なのでスポーツ番組も観ない(サッカーワールドカップは別)。
しかし今日は男子バレーボールを最初から最後まで観た。
しかも家族揃って。日本対プエルトリコ。これは滅多にない事である。
プエルトリコ。カリブに浮かぶ小さな島は私の旦那の出身地で、生まれ
育った国だ。ただ、私としてはバレーボールのルールを恥ずかしい位
知らないのでどちらも応援せず傍観。母は何故かプエルトリコを応援
していた。「もう、ここに彼がいないのは残念ね!だから私が応援
するわ!!」と。中々良い試合だったが負けてしまった。
旦那がいたらどんな反応をしていたであろうか?

プエルトリコ。あまり知らない人も多いかもしれない。
カリブに浮かぶ四国よりも小さな島は「アメリカ合衆国自治州」で
国民は生まれながらにしてアメリカの市民権を得る事が出来る。
なのでパスポートはアメリカ合衆国。プエルトリコ人の有名人は沢山
いる。ジェニファー・ロペス、マーク・アンソニー、リッキー・マーティン、
その他メジャーリーグでも沢山の人達が活躍している。
そして忘れてならないのが、ラム。「ラム酒」である。
カリブの国々が産地なのだが、プエルトリコのラムもかなりある。
次にコーヒー。意外なのだが美味しいコーヒーの産地。

旦那は「アメリカ合衆国」に属していて、アメリカの為に働いているが
私は彼を「アメリカ人」と考えた事がない。あくまでも「プエルトリコ
人」。彼の中でしっかりと「プエルトリコ人」というアイデンティティが静かながらにも熱く燃えている。私はどうだろう?
「日本人」として世界のどこかに行った時にきちんとアイデンティティを持てるだろうか? 
正直あまり自信がない。
日本にいる間にしっかりと「日本人」として誇りを持ちたいと思う。

プエルトリコの国民的アイドル。コキというカエル。
鳴き声が「コキーコキー」なんだそうだ・・・・。
coqui.jpg

2006.11.20 Mon l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
今日はVitoの3回目のワクチンだった。
前回5種を打った翌日の夜に吐いてしまったので、今回は最初検討
していた8種を止めて5種にした。もしかしたら、アレルギー持ち
なのかもしれない。朝開業と共に行ったのだが、既に2匹のゴールデン
ちゃんがいた。ゴールデンて本当にいつもHappyそうな表情をしている。
その後入ってきた猫ちゃんの飼い主さんが、Vitoを見て「この子は
・・・・犬・・・よね?」と聞いてきた。
やはりネズミさんですか!?

Vitoの番が来て、獣医さんに訓練士さんの件のお礼を言う。
そしてコマンドの仕方を彼に説明。獣医さんも「それは大変そうだね。
あはは!頑張ってね」と笑っていた。
一応チェックアップをして貰い、耳の中まで見てくれたのだが、Vitoは
例の「この世の終わり」的な鳴き声を上げ始めた。
もう、待合室まで聞こえて飼い主の私が恥ずかしいんですけど?
ほんと、大袈裟なヤツめ! 
ワクチンは首にチューでその時は鳴かなかった。良かった。

そして家に連れて帰り、Vitoはお休み。
午後一緒に昼寝をして、通常なら5時頃起き出して体内スイッチが
オンとなって「悪魔化」するのだが、今日は母が帰宅した時と
水を飲む時、オシッコの時起きて、チョロチョロっと遊んで
寝てばかりいる。 あのワクチンに鎮静剤でも入っていたんじゃないかと思うくらいである。 
私達は平和にTVを観れているわけだが・・・・
あんまり大人しいVitoも何だか心配。
でも、顔が腫れてるわけでも湿疹が出ているわけでもないので特に
副作用でという訳ではなさそうだ。
飼い主の勝手ではあるが、大人しいVitoは平和で良いけどやっぱり
大人しすぎるVitoも心配!


気持ち良さそうだね! You look very calm and feel comfortable!
IMG_1494.jpg


横着して遊んでいる・・・。 Don't be lazy, Vito!
IMG_1496.jpg


ムニャムニャ・・・眠いよ~ I am still sleepy (By Vito)
IMG_1499.jpg

2006.11.18 Sat l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
昨日はオイオイ泣きながら眠りに落ちたせいで、今朝は目が
重かった。下に降りて行くとVitoはいつものように階段の下で
私を待っていた。そして「おはよう」と声をかけると全身でいつもの
如くジャンプジャンプ! 母に「Vitoは私の事、好きかなあ」と聞いて
みたら「何言ってるの。当たり前じゃない。だから朝階段の下で
待っているんでしょう?上を歩いている音を聞いて階段の下に走って
行くのよ」と言われた。 

昨日の出来事の一部始終を旦那にメールして報告した。
そしたら「心配しないで。犬は沢山の許しを人間に与えてくれるんだよ。
Vitoは君を大好きだし、昨日の事はとっくに許しているよ」と。

母よ、旦那よ、有難う。
そう言って貰えて凄く心が楽になった。

昼間、Vitoと揃って仲良く昼寝をする事が出来た。


凄く老けて見えるのは気のせい?
IMG_1488.jpg


耳がヒラヒラ~
IMG_1487.jpg


私の悩みの種、Vitoの左耳。完全に頭の上に乗ってしまっている。
きちんとローズイヤーになるのだろうか?
IMG_1490.jpg

2006.11.17 Fri l 未分類 l COM(6) TB(0) l top ▲
今日は飼い主である私がコマンドの仕方を教わった。
最初は上手くいかず、力加減などもわからず、失敗。
でも訓練士さんがそばについていてくれたので、Vitoはなんとかやってくれた。 私の腕の中でRelaxして顔まで舐めてくれた。
一通り、大体コツは掴めたような気がした。
1日1度やるように・・・・との事。

そして夜やってみた。少しVitoは興奮気味だったが昼間の話ではその時の状態は特に関係ないとの事。
教わった通りにやったつもりが・・・・段々Vitoの様子が狂気化してきてこちらも耐えられない状態に。とその瞬間Vitoに体を抜かれてしまった。完全に私のミスである。どうしよう・・・。どうしよう・・・。
これは「改善」か「悪化」かを決めるセッションだと言われていた。
そして、間違いなく悪化の道に行ってしまった。
私の手は傷だらけ・・・・。Vitoの精神にも悪影響を与えてしまった。
今の私はVitoの飼い主として失格。そしてVitoとの信頼関係は勿論の事、「飼い主をRespectする」という事すら欠如されてしまった。

どうしたら良いんだろう? このやり方は私に出来るのだろうか?
変えた方が良いんだろうか? きっと私自身が自信を持ってVitoに接していないからだろう。失われた信頼をどうやって取り戻す?
今日の夜も泣く事しか出来なかった。
Vito、ごめんね。

Vito,you are a good boy so please tell me what should I do to
give you back my trust for you...
IMG_1485.jpg

2006.11.16 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日午前中に犬の訓練士さんが我が家に来てくれた。
実家の近くの獣医さんが紹介してくれたのだ。私は何故か男性を想像していたのだが、
意外や意外、若い女性であった。

彼女は家に入ってきて、メモを取りながら床に座り暫くVitoを観察していた。Vitoが噛んだら静かな声で「ダメよ~」「痛いでしょ~」と言っていた。色々彼女の質問に答えたりしている間もVitoは落ち着きなく走り回り、彼女の匂いを嗅いだり私達を噛んだりしていた。

彼女曰くVitoは「明るく快活。切り替えが早く柔軟性がある」との事。
そう、「欠点」を「長所」に切り替えて言っているのだ。
決して欠点を言わず、本来なら欠点であるべき所をポジティブに長所に換えているのだ。なるほど!Vitoは「明朗快活、切り替えが早く柔軟性がある」そう思えば気持ちも楽になるではないか!

そして噛み癖に対する訓練。訓練士さんがお手本(?)を示す。
まずVitoが落ち着いてRelaxしてきたところで、Vitoを抱き上げて彼女がソファに座り、Vitoを膝の上に置いて背中を彼女の胸・お腹に付ける。
当然Vitoは嫌がり、彼女の手を噛みだす。そうしたらVitoの顎をぎゅっと押さえるのだ。そうするとVitoはこの世の終わりとでも言うような悲惨な鳴き声を上げだした。未だかつてこんなVitoの声を聞いた事がない。思わず辛くなってしまったが、ここが勝負どころ。暫く悲痛に鳴いた後、段々大人しくなり、こちらの目にもRelaxしてきたようである。
暫く彼女はVitoに何か優しく語りかけ、手足を撫でまるで赤ちゃんをあやしているように扱っている。そしたらVitoは彼女の顔をペロペロと舐めだした! 有り得ない・・・・。感動してしまった。
暫くしてセッション終了。

あの悲痛な声を聞くと飼い主をしては怯んでしまい、手を離してしまいがちなので、
そこで失敗したら「終わり」なんだそうである。
なので、このセッションは必ず彼女の指導の元にやるそうだ。

私も実家にいる時間もあまりないので、訓練士さんの優しい計らいでスケジュールを詰めてもらい、いよいよ明日私がそのセッションを受ける事になった。 出来るか不安だけど、まずは自分を信じて、そしてVitoを信じてやるしかない。 Vito、私も頑張るからお前も頑張っておくれ。 
旦那が戻ったら一度Vitoを連れて実家に来て旦那も訓練士さんの指導の元、やる必要があるそうだ。これからメールせねば!


ちょっと、カッコいいんじゃない?You look very cool, Vito!
IMG_1480.jpg


何か用? Do you want me? (By Vito)
IMG_1481.jpg


眠いから放っておいて! Leave me alone! I'm sleepy (By Vito)
IMG_1477.jpg

2006.11.15 Wed l 未分類 l COM(4) TB(0) l top ▲
The weather is getting cold....I hope that everyone is going to be alright!!

Vitoの昼寝姿。何でこんなに突っ張ってるんだろう?
Vito is taking a nap and funny to see the way of sleeping!
IMG_1467.jpg


お利口(そう)なVito。Looks like a good boy....
IMG_1472.jpg


Amazonで買ったイタグレの本。The book I bought on Amazon.com
IMG_1473.jpg


見開き。Inside (American champion IG in 1997)
IMG_1474.jpg


頭を抱え込んで寝るVito。The Thinker....
IMG_1468.jpg

2006.11.13 Mon l 未分類 l COM(3) TB(0) l top ▲
今日は長年のお友達と「いざ!鎌倉」へ。
お互いに鎌倉は「地元」に近いので約束がすぐに出来て嬉しい。
お天気も良く、横須賀線には七五三に向かう家族が沢山。

まずはおシャレなイタリアンレストランでランチ。
外にテラス席もあり、もう少し暖かければ気持ちが良いかも。
週末なのでランチコースも少し高めだったが、単品を何点か頼むよりは
お得なので、ランチコースに。お味はまあまあ。
でもやっぱり女同士でこういうランチってすっごく楽しい!!
たわいもない話で盛り上がり、笑って食べて喋って食べて幸せ。

その後自動的に鶴岡八幡宮に向かい、お参り。
結婚式も何組かあり、観光客がみんな写真を撮っていた。
注目度が高すぎで恥ずかしいかも。

小町通りをブラブラ歩き、お茶をしたのだが、やはり話は尽きない。
お互い小学校3,4年の頃からの友達なので、本当に大事にしていきたいお友達だし、
私も彼女にとって「大事な存在」だったら良いな~と
思う。ご近所同士だったのはたった1年なのにそれから何十年も一緒に出かけたり、色々と彼女にはお世話になっている。
本当にいつもどうもありがとう!こんな私だけどこれからも宜しくね!

地元の駅に着いたら富士山のシルエットがとても綺麗だったのでついつい撮影。そしたら10人近くの人達が携帯で写真を撮っていた。
やはりニホンジンの「心の山」富士山である。


横目でちらり・・・・
IMG_1440.jpg


母なる山
IMG_1464.jpg

2006.11.12 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
Vitoがついにやってしまった・・・・。
ソファに穴あけ・・・・。しかも実家のソファだけに非常に罪悪感。
勿論母は仕事に行く前にそれを発見したから1日中機嫌が悪い。

私は午後Vitoと一緒に昼寝をしたものの、目が覚めてからはハイパー全開。
もうどうにもならなくなった。
体のどこかのスイッチが押されてしまったように、駈けずりまわり
私の髪を引っ張り、そして噛みまくる。
新聞紙入れから新聞を引き出し、部屋中が新聞。
もうどうにもならなかった。
と同時に私の体の中のスイッチもどこかパツンと壊れて思わず号泣してしまった。 
Vitoは私に何かを訴えているはず。
でも、私には全くどうして良いのか、Vitoが何を言いたいのかわからない。 Vitoに話しかけ、一緒に遊んであげているけど、それだけじゃ足りないんでしょ??
どうして欲しいんだろう・・・・・?
何をしてあげれば良いんだろう?
志村けんの動物番組に出てくる、動物と話が出来るあの女の人に来て欲しい。 Vitoは一体何を訴えてるんだろう?と聞いてみたい!

Vitoが悪いんじゃない。
私の何かが間違っているはず。 でもわからない。
今日は泣く事しか出来なかった。
早く旦那が帰ってこないかなあ・・・・・。


IMG_1460.jpg


IMG_1463.jpg


IMG_1462.jpg

2006.11.10 Fri l 未分類 l COM(4) TB(0) l top ▲
今日は午後ちょっとVitoにはお留守番して貰い、私は久々美容院へ。
ポカポカして元町を歩くと気持ちが良い。
まずは元町にある「Three Dog Bakery」へ。ここでVitoがお散歩デビューした時の為の「ウンチバッグ」購入!(下記参照)
ビニールローラーが入っていて、真ん中のスペースからビニールが引き出せるようになっている。
凄く不経済だけどカワイイさに負けて購入。
段々私も「親バカ」に・・・・・。

美容院で久々短めにカットして貰ってスッキリ!
バーニーズで買いたい物があったりしたが、年明けにはNYだから我慢我慢。向こうには「本場」のバーニーズがあるじゃないか。
それでも、Vitoはちゃんとお留守番してるかな~と気もそぞろに。
母は仕事から4時半に帰ってくるので、大体4時間のお留守番。
う~ん、こういう時モニターでもあれば・・・・・。

地元の駅に着いて家に電話をしてVitoはどうだったか聞いたら、大丈夫だった模様。 
トイレもちゃんとトイレシートにやってあったそうだ。
よ~し、良いコだ。


ムシャムシャ・・・・ご飯に夢中。
IMG_1455.jpg


これが「ウンチバッグ」本当は「ボントン」という名前。イタリア製
IMG_1458.jpg



ショーに出るイタグレさん(写真はIGCAより拝借)
CANFIELDTopTwenty2004-07-26-0577a.jpg

2006.11.09 Thu l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
Vitoは噛み癖がひどい。
これまで色々な方法を試してきた。しかしながら「これ!」という物が見つからず
飼い主は途方に暮れている。

①噛まれた直後に低い声で「痛い!」と驚かす
  (ずうずうしいことに驚かない)

②鼻面を掴んで指でピンと撥ね付ける
  (一瞬怯むのみ)

③噛まれた指を喉の奥まで突っ込んで「噛めるなら噛んでみろ」
  (オエオエ・・・・となるのみで懲りない)

④噛んだら噛み返す
  (首筋を犬が弱点とする鼻面に噛み付いてやったが効果なし)

⑤噛んだ瞬間から無視
  (一人勝手に果てしなく部屋を草原に見立てて走る・・・・)

一体・・・・・ここまでくるともうお互いが根性比べ。
これはやはり飼い主の私に問題ありなんだろうか・・・・。
どうしたら良いんだろうか・・・・・?
Vito、教えて・・・・・。

2週間ちょっとの間に旦那から二度も「疲れた。帰りたい」というメール。
普段仕事の愚痴や疲れを決して言わないだけに心配。
こういう時にメールでしか何かを言ってあげられないのが凄くもどかしい。私は日頃彼を叱咤激励するタイプじゃないし、仕事に関してはノータッチであるが、離れていると健康状態とか精神状態が
とても心配になる。Vito、父ちゃんが戻ったら温かい愛情で迎えてあげようね!



エイヤ!! (By Vito)
IMG_1437.jpg


あ~ら人の膝の上でやけにいい仔だこと!(By 母ちゃん)
IMG_1443.jpg


新しい洋服だい!
IMG_1450.jpg

2006.11.08 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
Vitoも生後3ヶ月を迎えた事だし母が「お座り」くらいは教えようと言い出した。 ドッグフードを数粒手にして隠し、「お座り」の訓練。
しかしフードの匂いが強い為どうしてもVitoに気付かれてしまう。
しかも、恐ろしいほど集中力のなさ。これは飼い主に似てしまったのか?  
お座りのおも出来ない・・・・。
その内こちらがギブアップ。基本的なコマンドというのは最終予防接種が終った頃には出来ていないといけない模様。
これじゃあ、スクールにも預けられないじゃないか・・・・。
Vitoよ、少しは覚えようよ・・・。限りなくMission Impossibleである。

昨日は旦那から電話があった。
某地に着いたようである。「Vitoは良い仔にしてるか?」の質問に自信を持って「心配しないで~良い仔だから!」なんて言えない。
ただ一言「Crazyだよ・・・」電話の向こうではフフフ・・・・という力のない笑い。 
だから言ったじゃん!? Vito。いい仔にしてないと父ちゃんが悲しむよって・・・・・。
少しは私の立場になってみてちょうだい!

ネズミさんですか?
IMG_1432.jpg


イタグレっぽい顔立ち
IMG_1441.jpg


母ちゃんの心中も察しておくれ・・・・
IMG_1447.jpg

2006.11.07 Tue l 未分類 l COM(5) TB(0) l top ▲
今日の午前中は以前プードルがお世話になっていた獣医さんへ
フィラリアの薬を貰いに行って来た。
体重を量ったら3.3キロ・・・・・。ここ3週間で1キロも増えた。
人間だったら凄いショックじゃないかなあ・・・。
どうりで重たいわけだ。付き添いの母が獣医さんに色々と躾の話を聞いていた。
やはり、本当はお母さん犬や兄弟と育つのが理想との事。
でもそれはもうしょうがないので、散歩に行けるようになったら極力ワンちゃん達が集まる所に連れて行って社会性を学ばせるようにとの事。そして、躾教室もやはり良いとの事。今は昔ながら(?)のスパルタ式ではなく、長所をとにかく褒めまくって躾ける事が大事とか。
ある意味褒め殺し!? 今、ちょっと考えている所があるのでVitoが
お散歩デビュー出来るようになったら旦那と連れて行くつもり。

帰宅後天気が良かったのでVitoを抱いて近所を散歩。
最初は耳をヒクヒクさせたり、色々な匂いを嗅いでいたが段々落ち着きがなくなって私の腕の中で暴れだした。そしてヒンヒンとやけに哀れな声まで出し始めてしまったので、散歩は断念して帰宅。
まったくやってる事とは裏腹に弱虫だな!

トイレトレーニングはまずまず。90%の出来だと思う。
Vito、お前は賢い仔だ!

そうやってると良い仔だよ!
IMG_1397.jpg


新しい居場所!
IMG_1399.jpg


Daddy, I miss you a lot!! I want to see you!!!
IMG_1419.jpg

2006.11.05 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
Vitoは早起きである。横須賀にいる時も大体5時頃目が覚めて一度起きてトイレに行き、またベッドに戻って寝そべっている。
といって私が見たわけではない。旦那が5時に起きるので、様子をみていたのだそうだ。私がその後5時半に起きる。旦那を6時に見送った後Vitoは暫く遊び、その後私とソファで二度寝をするというパターンだった。今、実家ではVitoは相変わらず早起きをしているようだが、私はぐーたらになり、8時頃まで寝てしまっている。
そうすると母が私の部屋に来て「Vitoが階段の下に座って鳴いてるよ」と私を起こしにくる。 階段を上れないように、赤ちゃん用のオートマティックドアを階段の下に取り付けてあるのだが、そこにお座りをして上を見上げて鳴いているのである。
Vito、君はなんて健気なの? 私が起きて来るのをそんなにも心待ちにしているなんて!! 下に降りるとVitoは体いっぱいに喜びを表す。
驚異的なジャンプで飛び上がり、仔犬とは思えない速さで部屋を走り回る。
そして暫くして私は気付くのだ・・・・。
Vitoは私を待っているんじゃない、「朝ご飯」を待っているんだと・・。 どんなに悪魔だろうが、
なんだろうが君は世界一カワイイ犬だよ。 もう少し「Vito!!」と怒鳴る回数を減らせたらなあ・・・
そしてVito、父ちゃんに早く会いたいね・・・・。


テーブルの上には何があるのかな?(By Vito)
IMG_1398.jpg


さて、何して遊ぼう!?(By Vito)
IMG_1406.jpg


何を夢見ているんだろう?
IMG_1417.jpg

2006.11.04 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日はVito生後3ヶ月の日である。

ペットショップから貰った写真の日付は9月14日になっているから
きっと生後1ヶ月ちょいで親や兄弟と離されて来たのだろう。
本来仔犬は生後2~3ヶ月は母親・兄弟と過ごした方が良いそうだ。
それは社会性を身につける為。
仲間を強く噛んだ時に兄弟から怒られる、もしくは母親から怒られるし、しつこければこれまた兄弟から嫌われたり怒られたりする。
そして何よりお母さん犬から愛情をたっぷり貰えるので、精神的に安定するようである。

Vitoはきっとそういう経験をしてこなかったに違いない。
噛み加減を知らないし、しつこさ加減も知らない。
遠くから観察していると、一人遊びを始めてボールを追いかけたりデンタルロープを振り回したりしている。そんな姿を見てなんとなく悲しい気持ちになってしまった。
私も一人っ子だったからかなあ・・・。
ワクチンが終って、外に出れるようになったら一緒に外に出て色んなワンちゃんに会おうね。 
父ちゃんが帰ってきたら車に乗って沢山のイタグレさん達に会いに行こう!

もう少しの辛抱だよ! 
Vito、Te amo!

微妙に寂しげな表情!?
IMG_1408.jpg


お尻にぽかぽかの日差しが・・・・・
IMG_1410.jpg

2006.11.03 Fri l 未分類 l COM(3) TB(0) l top ▲
ヴィトは最近興味の対象の範囲が増えてきて、それと共に行動範囲が
広くなってきた。もう、ありとあらゆる所に体を突っ込む。
危険性がなかったり、どうしてもダメなエリア以外は行動を許している。お風呂もかな~りへっぴり腰で覗きにくる。
ので、ついでに足を洗ってあげた。 やはり怖いのか体を強張らせて
手足をピ~ンと張ってしまっていた。そしてシンクに温かいお湯を溜めて「Orange X」という液体を少し入れてタオルをすすぎ、よ~く絞ってヴィトの体を拭いてあげた。

イタグレの良い所。プードルやミニチュアシュナウザー等の犬と違ってマメなグルーミングが必要ない事。短毛なのでよく絞った温かいタオルで拭いてあげてブラッシングをすればOK!
前のプードルなんて1ヶ月~2ヶ月に1度のグルーミングでカット代8000円前後はしていた。(私より高い!)
「Orange X」のお陰でヴィトもオレンジのほのかな良い匂いに・・・。

明日はヴィトのトイレトレーを買いに行かねば・・・・。
ヴィトが大きくなってきたのか、今までのだとちゃんとトイレトレーの中に立ってやっていても、オシッコが飛び出すようになってしまったのである。
そして、明日はいよいよヴィト3ヶ月の誕生日だ!

さてと!そろそろ起きるか!(By Vito)
IMG_1403.jpg


数十分後には我が家にハリケーンが通過した模様・・・・
IMG_1405.jpg

2006.11.02 Thu l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
夕方、昨日から一泊で温泉旅行に行っていた両親が帰宅した。
昨夜は「奇跡的」にVitoがお利口でとても楽だった。
早々自分のベッドに行って寝ていたので、私も気兼ねなくTVを観たり
お菓子を食べたりしていた。いつもああだったら良いのに!

母が夜友人宅に電話をしていて、会話の中で私達夫婦がイタリアングレイハウンドを飼い始めた事を言ったらしい。
その方はイタグレを知っていて「エレガントでノーブルな犬よね」と仰ったらしい。
ふふふ・・・・Vitoよ、エレガントでノーブルだって!
意味、わかる?? 分からないよねえ。
う~ん、しかしようやく3ヶ月になる子犬に「エレガント」だの「ノーブル」だのを求める方が間違いか・・・・。そのうち本当にエレガント&ノーブルで誰もが振り返る「良い」犬になろうね。 勿論外見だけじゃダメ。いつまでも人様の手を噛むようじゃエレガント&ノーブルとは言えない。 人間だって同じ。「内面から滲み出る美しさが大切」って言うじゃない。あ、Vitoは♂か・・・・。いやいや、これは女性ばかりじゃなくて男性にだって言える事。見てくれも大事だけど中身も大事。
いくらハンサムだって暖かい心がなければ、皆に嫌われるのよ。
わかった??

額(?)に皺を寄せて何を考えているんだろう?
IMG_1383.jpg


う~ん、これも欲しいけどあれも欲しいな!(By Vito)
IMG_1401.jpg


取って来ちゃった!(By Vito)
IMG_1402.jpg

2006.11.01 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。