上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
Vitoのおもちゃ
IMG_1393.jpg


自分の物だい!
IMG_1389.jpg


何か用??
IMG_1394.jpg


爆睡中(夢の中~)
IMG_1400.jpg

スポンサーサイト
2006.10.31 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
犬が悪さをした時、本気で叱らないと駄目である。
しかし、この「本気で叱る」という行為、中々難しいのである。
「怒る」事は簡単で、噛み付かれて思わずカッとなった時に怒鳴りつける事は「怒る」事。叱る・・・・というのは厳しい叱咤の中に愛情が
入っていないといけないものである。
Vitoが噛み付いてきて、痛かった時「本気」で叱れていないと思う。
だからヤツはつけあがってくるんだと思う。

躾のアドバイスを頂いた時に「本気で叱ってますか?」と聞かれて
「はい」と自信を持って言えなかった私。
母はVitoが最初に噛み付いてきた時に「本気で叱った」んだそう。
それ以来Vitoは母親に絡んでも噛み付いたりしていないようだ。
母は現在腰を痛めていて、Vitoが急に飛びついてきてとっさの行動が
取れなかった為一発ビシっと叱ったんだそう。
母よ・・・・コツを教えてください・・・・。
「ビシっと叱れば良いのよ!」じゃなくて・・・・・。

昨日買ってきたボールをVitoに与えた。
振ったり転がったりすると面白い音を立てるボールなのだが
びっくりしたのか、そのボールに向かってVitoが吠えたのである。
初めて吠えた・・・・。そう、Vitoはガルルル~と言っても今まで
吠えた事がなかったのである。「さすがイタグレは吠えないね~」と
言っていたのであるが、これも覆されてしまったようである。




早朝5:30のVito・・・・あたしゃ、まだ眠いんですけど?
IMG_1391.jpg


そういうVitoだってまだ眠そう・・・・
IMG_1390.jpg

2006.10.30 Mon l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日は近所のモールにVitoの洋服を見に行って来た。
Tシャツなんて5000円近くもする・・・・。
あれこれ迷って紺色のパーカーにしてみた。(しかも一番安かった)
あとはオモチャを何点か購入。私の小遣いが~・・・・。
まあ、愛するVitoの為、Vitoの為・・・・・。

家に帰って着せてみると・・・・小さい。有り得ない・・・。
Vitoはここ暫くでぐっと大きくなってしまったようだ。
返品出来そうにないので(以前GAPはやってくれたけど)、近所の
ワンちゃんにでもあげようかな。あ~残念。

Vitoは益々ハイパーテンションで悪魔化していく。
旦那にメールすると「まだ人間でいう3歳児くらいなんだから、長い目で
見てあげなよ」という返事。ええ、ええ、貴方は遠い所にいるんだから
そう言っていられるでしょうよ! 人の手を噛んでこちらが怒ったってヘッチャラな犬をどう相手にすれば良いんだろう?
目をひんむいて、向かってくる犬にどう対処すれば??
Vitoが話せたらなあ・・・・。私に何を訴えているんだろう?
どうして欲しいんだろう? 何をしてあげれば良いんだろう?

私なりに一生懸命にやっているつもりなんだけど、きっとVitoにとっては満足のいくものではないんだろう。これでも頑張ってキミを理解しようとしてるんだよ。 的外れな事をしてるかもしれないけど
ゼロからワンコの面倒をみるなんて生まれて初めてなんだ。
だからイライラしないで、お手柔らかに頼むよ。Vitoが信頼出来る
良い飼い主になろうと思って、私も頑張ってるから!
2006.10.29 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
イタリアングレイハウンドは短毛なので、冬はめっぽう弱いそう。
なので、洋服を着せた方が良いと色んなところに書かれている。
犬に洋服なんて、飼い主の「エゴ」というか、可愛く見せる為の物と
思っていた。今じゃペット産業は大繁盛で、オーガニックな餌やおやつ、そして1つ400円くらいもするケーキが売っていたりする。
バースディケーキだって存在するのだ。
ちょっとしたモールに行けば必ずペット用品売り場があって、洋服やら
ベッドやらありとあらゆる物が、イイお値段で売られている。

何年か前にプードルを飼っていた時、GAPで犬用のセーターが売られていてあまりに可愛かったので買った事がある。確か3000円前後かそれ以だったかと思う。 しかしながら、そのプードルには小さすぎて彼は「ガルル・・・」と怒ってしまったので、お店に返品をしてその代わりに私のパンツを購入した事もあった。

そして現在我らのVito。洋服は「必需品」て事で色々とネットでみていて、中々温かそうな物を見つけた!
下記の写真なんだけど・・・・。こんなの笑われるかな・・・。
これでも$60なんだそうだ・・・・・。
でも、欲しい・・・・。あ・・・でも私の洋服が買えるお値段。
でも・・・・Vitoには必需品・・・・。
は~父ちゃんに相談ですかね・・・

houndzinthehood_1910_7635312.jpg

2006.10.28 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
横須賀にいる時にヴィトに話しかける言葉は日中は私だけなので
日本語である。傍からみたらかなり怪しい人になっている。
「ヴィーちゃん、眠いね~。寝ようか?」とか「お腹すいたね~。
でもヴィーちゃんの食事はまだだね~」等と一人で日本語で話しかけている。そして旦那が帰宅すれば旦那は英語でヴィトに話しかける。
なので、私も英語で話しかける。でも、私が近くにいなくて旦那が
ヴィトといる時はスペイン語で話しかけていた。
そしてヴィトは神妙(?)に聞き入っていた。
当然私は彼がヴィトに何を言っているのかわからない。
ヴィト、スペイン語、わかるのかい??
犬って言語を聞き分けるんだろうか? だとしたらヴィトはトリリンガルじゃないか! 
すごいぞ!ヴィト。
私は英語だってわからないのに、スペイン語なんてもっとわかんない。君はイタリアングレイハウンドでドン・コルレオーネなんだから、ついでにイタリア語もどうだい? (誰が教えるんだろう?)

イタリアングレイハウンドが実はまだまだ珍しい犬種だったとは
知らなかった。実はプードルとかアメリカンコッカスパニエルのように
「愛くるしい」犬種が好きなのは確かだ。
でも、ある日どこかでイタリアングレイハウンドを見てその美しさに
一目惚れをしてしまった。「愛くるしい」というより「Cool」と言った
感じの風貌で小型のサラブレッドのようだった。
それからこの犬種の事を色々調べて飼う事に決めたのだ。
ただ、やはりネット上の情報というのはあくまでも参考。
色々とギャップはある。 でもヴィトにはヴィトの個性があってそれを
尊重していかなければならない。中々難しいしイライラもしてしまうし、どうして良いのかわからなくもなる。ヴィトがもう少し成長して大人になれば笑い話になるのかな??
ヴィト、今は父ちゃんがいない時期なんだから心を一つにして
頑張ろうね(←協力してくれ・・・・)




IMG_1376.jpg

悪魔化する直前のヴィト

IMG_1381.jpg

寝起きのヴィト
2006.10.27 Fri l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日は朝、旦那を見送った後ベースの病院へ最後の予防接種を
受けに行った。以前カルテを失くされていたのだが、念の為受付で
カルテが欲しい旨伝えたら出てきた!
「以前失くされたんだけど?」って聞いたら「誰かが置き忘れたのを
誰かが見つけて元に戻したんじゃないかな?」という訳のわからない
お答え。まああったのでメデタシメデタシ。
そして、注射のセクションに行って番号札を引こうとしたら「入って」
と言われて待たずに通された。問診表に記入をしていたら名前を呼ばれたので顔を上げると・・・・「It's too early」と。
ん?何がtoo early?と思って尋ねると、最後の接種から4週間以上
おかないといけないそう。で、今日はまだ4週間経っていないと。
でも、予約カードには「OCT26」と書いてあるので、それを見せたら
別の担当者が「Oh my god! It's my mistake! I am very very sorry」
と・・・・・。 そういう訳で月曜日に来てという事になった。
前回、カレンダーみて今日の日付書いてた筈なのに・・・・。
心の中で「ふざけんな!」と毒気ついたところでしょうがない。
シュワちゃんばりに「I'll be back!」と言うしかなかった。
まあ、せめてもの救いは担当者が自分の非を認めて謝った事。
当たり前の事のようだが、ベース内では珍しい事である。
評価しよう。

そして、今日は本当に旦那が行ってしまった。ここ数日行くのか行かないのかわからない状態が続いたが今日は本当だった。
長期いなくなる時はささっと別れるようにしている。彼の場合はチョコチョコと出入りがあるのでまだマシだ。他の人達はまとまって数ヶ月とかいなくなるのでもっと辛いだろう。相手の仕事柄しょうがないと思っていても「予定は未定」に翻弄されたり、長期いなくて連絡手段がメールしかない時は辛いものだ。でも、メールという文明の力がなければ
もっと大変だったのかも。寂しいなあ・・・・・。
でも、もっと大変で辛いのは彼の方だろうから「寂しい」だの「大変」だの言ってられない。 いない時はちゃんと自分の楽しみを見つけて
いかないと!!

って私には責任重大な仕事が・・・・・。
そう、ヴィトである。益々悪魔化してきたような気がする。
まあ、人間で言えば幼稚園児くらいだからしょうがないと言えば
しょうがないんだけど。 ヴィト、いい子にしてないと父ちゃんが
心を痛めるよ(←ほんとか?)



IMG_1374.jpg


日向でそよ風に当たるヴィト。気持ち良さそうである。
勿論悪魔化していない時のヴィトである。
2006.10.26 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日は朝からだるい。
頭はぼ~っと重いし、暑いような寒いような・・・・。
風邪だろうか。 母は朝から病院に行ってまだ帰ってこない。
整形外科だから時間がかかっている模様。
あ~ゆっくりベッドに入って寝たい。
でも、午後から横須賀に行かねば。
なんて健気な私(←よく言うよ・・・・)

だるい、動きたくない、目がうつろ。色々説明してるっていうのに
ヴィトはお構いなく人に飛びついてくる・・・・・。
頼むよ、少しは理解してくれ・・・・。

イタリアングレイハウンドの性質:控えめ・従順・愛情豊か

何一つ当てはまっていない・・・・・・。

ヴィトに「控えめ」「従順」なんて言葉、あるのか!?
2006.10.25 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
昨日今日と実家ー横須賀を行ったり来たり慌しくしていて、ヴィトは
両親に任せっきりだった。
でも、心配で2時間おきくらいに電話をしてヴィトの様子を聞いた。
いい子にしている模様・・・・良かった・・・・
ハイパーになると本当に手がつけられないのだ。
最終ワクチンが済んで散歩に出られるようになれば、少しは落ち着く
のだろうか?

これから暫くヴィトとの二人三脚(勿論両親もいるけど)の生活が
始まる。 父ちゃんが帰ってくる頃には少しは大人になっていようね


IMG_1360.jpg

2006.10.24 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
今週から暫く実家暮らしが始まる為、今日は両親が横須賀にヴィトの
持ち物やら、私の洋服等をピックアップしに来てくれた。

午前中ヴィトは大人しく自分のベッドで寝ていたのだが、両親が来たら
熱烈歓迎。 普段私達二人しかいないし、ましてや日中は私だけなので
急に人が増えて(?)嬉しかったのだろう。
尻尾がちぎれそうなくらいブンブン振り回し、両親に飛びついていた。
実はヴィトが我が家に来た翌日、実家に見せに行ったのだが両親曰く
その時より少し大きくなっているようだ。

一昨日の夜吐いて以来、一度も吐いていないから体調は大丈夫そう。
ヴィトには少し留守番をして貰う事にして、「はま蔵」という横須賀の
魚市場の横にある食堂に行った。海鮮物が美味しくてしかも安かった。
なので、12時には既に行列。
その後、両親をベースに案内し、そこで前の会社の友人に会う。
久し振りなのに、慌しく挨拶程度で済ませてしまってごめんなさい!!

家に戻ってからヴィトにご飯を食べさせ、ヴィトはいざ実家へ。
車に乗せた時、「悲痛」な泣き声をあげていたけど多分10分もすれば
寝てしまうだろう。

明日、私は実家に行って火曜日に横須賀に戻り、水曜日には再び実家。
木曜日はまた横須賀で用事・・・・という落ち着かないスケジュールだけど、日頃出歩かないし、長時間ヴィトを一人(一匹)には出来ないので頑張ろう。

ハイパーな時はどうしようもなく悪魔化するヴィトであるが、寝る時は本当にこちらが何をしようとお構いなく寝ているのである。
ある意味勝手犬!!!



IMG_1361.jpg

2006.10.22 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
昨夜遅くヴィトが思いっきりソファの上に吐いた。
かなりの量だったので、私は思わず気が動転。
ヴィトがゲーゲーやっているのを暫く眺める事しか出来なかった。
そして、「ちょっと大変!」と別の部屋にいた旦那を呼んだら
旦那はササッとソファのカバーをはずし、汚れたタオルをお風呂場に
運び掃除を始めた。 もう0時になろうとしていたし、ヴィトは
飛び回って元気そうなので、取敢えず別の部屋にいさせて私達は
リビングの掃除をした。 かれこれ1時間。やっと綺麗になり
ヴィトには廊下で寝てもらう事にした。

そして今日、朝獣医さんに連れて行き薬を貰い、耳の裏にちょっと
ニキビみたいな出来物があったので塗り薬も貰った。
約3600円・・・・・。犬の保険て入った方が良いんだろうか?
獣医さん曰く、ヴィトはもう少し太っても良いようだ。

その後ベースに行って必要な物を買い、ゲートに近い駐車場に車を
止めてHISへ航空券の支払いに。 その際ヴィトを抱いて少し
歩いてみた。 若いアメリカ人の男の子2,3人がヴィトをみて
何か言った。聞こえたよ、ファニールックって言ってるの!!
もう少し経てば雄姿を見せられるさ!

早く散歩が出来るようになると良いな。




IMG_1359.jpg

2006.10.21 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
vito.jpg


先日お昼のワイドショーを見ていたら「犬の躾ノイローゼ」になる
飼い主が多いとやっていた。
犬を飼う前に色々と下調べをして、マニュアル本を買い新しい家族を
迎え入れる準備を万全(?)に整える。しかし、実際にはマニュアル本
通りにいく筈もなく、ワンコ達は好き勝手を始める。
そして、「自分の飼育方法は間違っているのではないんだろうか?」と
深く深く悩んでしまうんだそう。 まさに、ヴィトがきて間もない頃の
私がそうだった。(今だって完全に解決された訳じゃない)

噛み付く、どこにでも恐れる事なく顔(時には体ごと)色んな所に
突っ込む。 言うことは聞かない。
ネットをみたって、この犬種に関して詳しい供述がない。
「躾教室」を真剣に考え始めた頃ある、サイトが目に留まった。
この犬種を専門に扱うお店である。 もう藁をも掴む思いで(決して
大袈裟ではなく!)電話をして、色々と相談をさせて頂いた。
そこでヴィトを購入していないにも関わらず、かなり長い間担当者の
方は私の話をきちんと聞き、丁寧にアドヴァイスをしてくれた。
口調から、本当にイタリアングレイハウンドが好きなんだなという事が
伝わってきた。 目から鱗的なアドヴァイスも頂き、「またいつでも
気軽にご相談ください!」と暖かいお言葉まで頂けて、私の気持ちは
かなり楽になった。 そう、私たちは「イタリアングレイハウンド」と
いう「スポーティングドッグ」の飼い主なんだ。
今までのプードルと比べちゃいけない。

ヴィトの立場になって考えて、暖かく見守ろう。
「もしや間違った犬種を飼ってしまった?」なんて内心思ってしまった
私を許しておくれ。 

でも・・・・静と動の差が激しすぎるよ・・・ヴィト!
2006.10.20 Fri l 未分類 l top ▲
10月7日、我が家に新しい家族が加わった。
イタリアングレイハウンドの男の子、生後2ヵ月半である。
ペットショップで見かけて以来何度か通い、ついに家族として
迎え入れたのである。 

今までプードルを飼っていた私としては初めての「色付」の犬。
そして尻尾が長い! まるで大きなネズミがネコ(ロシアンブルー)の
ような風貌である。

ペットショップではどの犬よりもお行儀が良く大人しかったワンコ。
しかし! 我が家に着いてまもなく「猫をかぶっていた」事が発覚。

ま~よく動く動く。 ほっそ~い足でよく動く。

で、まずは名前を!という事で色々とワンコが来る前から考えていて、
ある程度候補があったのだが、突然旦那が「Vitoヴィトだ!」と
言い出した。 「イタリアン」なので映画「ゴッドファーザー」に
因んで「ヴィト・コルレオーネ」なんだそうだ。
ヴィト。 覚えやすい。そして映画のように威風堂々とした犬に
なって欲しい。異論はなく決定!!!

いよいよ、ヴィトとの生活の始まりである。
2006.10.19 Thu l 未分類 l COM(1) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。